AirMac Expressの設定を変えたらiPhoneの通信速度が上がった

2012 11 07  SS

どうもでこいです。

iPhone 5やiPadはWi-Fiがデュアルバンド(2.4Ghz/5GHz)に対応しています。
この5GHzは、他の電子機器(電子レンジ等)の周波数と異なるため、電波の干渉を受けることが減ると言われています。

新しいAirMac Expressはデュアルバンドに対応しているので、2.4GHzと5GHzの両方の周波数を使ってデータを送れます。
しかし、僕が持っている1世代前のAirMac Expressはどちらの周波数にも対応しているものの、一度に両方の周波数でデータを送信することが出来ません。

今までは普通に2.4GHzで使っていましたが、5GHzの恩恵がどんなもんか試すために設定を変えてみたところ、明らかな変化があったのでご紹介します。

設定方法

Mac編

1.まずはAirMacユーティリティを起動
121107 SS 1

2.接続されているAirMacで右クリックし編集をクリック
121107 SS 2

3.「ワイヤレス」タブの「ワイヤレスオプション」をクリック
121107 SS 3

4.「無線モード」で5GHzを選択して保存、そしてアップデート。
121107 SS 4

5.完了。

iPhone/iPad編

1.まずはApp StoreからAirMacユーティリティをダウンロード

AirMacユーティリティ App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料

 

2.AirMacユーティリティを起動し接続されているAirMacをタップ
121107 SS 5

3.編集をタップ(初めての場合はパスワードを入力)
121107 SS 6 1

4.詳細をタップ
121107 SS 7 1

5.Wi-Fi設定をタップ
121107 SS 8

6.無線モードをタップし5GHzに設定し完了をタップ。
121107 SS 9
121107 SS 10

7.完了

比較

実際にどれほどまで速度に差が出るものなのか「Speedtest.net」で試してみました。

まずは2.4GHz
121107 SS 11

さすがWi-Fi、普通に速いです。

ではでは5GHz
121107 SS 12

劇的な変化とまではいきませんが確実に速度はアップしています。

 

新しくなったAirMac Expressは2.4GHzと5GHzのデュアルバンドに同時対応しているのでこんなことしなくてもいいんですけどね…

関連記事

ブログをフォロー

コメントを残す