MacBook AirにWindows 8をインストールするためにアップグレード版を購入した

Windows 8 upgrade eyecatch

どうもでこいです。

自宅のPC環境はMac miniとMacBook Airのリンゴ環境となっています。
しかし、Xperiaを弄ったりするときはWindowsのノートPCを使っています。

Androidを弄るときはやっぱり窓がなくてはと思っているわけです。
しかし、PCはそんなに新しいものでもなく、その都度起動に時間がかかったりしていて少々ストレスでした。

そこで、SSDで起動も速いMacBook AirにWindowsを入れちゃうことにしました。
MacでWindowsを使用する方法はいくつかありますが、そんなにガリガリ作業をする訳でもないので、Boot Campではなく仮想環境で動かすことに。

せっかくなので今話題のWindows 8を入れちゃおう!
と思ったのですが、DSP版って高いんですよねぇ… 64bitで1,3000円ぐらいです。(8じゃなくてもそこそこ高いんですが)
アップグレード版は3,300円で買えちゃう訳で、なんとかこっちを使ってWindowsをインストールしたいなぁと思っていろいろ調べていたら、良さげな方法を見つけることが出来ました!

今回の目的

1. MacBook Air(MountainLion)の仮想環境でWindows 8を使用したい
2. DSP版は高いので、アップグレード版でそれを実現したい

よって、欲しいのはWindows 8のISOファイルということになります。

ISOファイルをゲットする

MicrosoftのホームページのWindows 8購入ページから「Pro を 3,300円でダウンロードする」をクリックするとexeファイルがダウンロードされます。
この実行ファイルより購入するのでMacからは購入できないです。
Windows 8 upgrade 01

ダウンロードした実行ファイル「Windows 8 アップグレード アシスタント」が、PCの環境を調査してWindows 8へアップグレードが可能かどうかを調べてくれます。
要確認項目が15個見つかりましたが、今回の目的はISOファイルのゲットなのでスルー。
Windows 8 upgrade 02

アップグレードの方法を聞かれます。「何も引き継がない」を選択。
Windows 8 upgrade 03

ここでようやく注文ボタンが。
Windows 8 upgrade 04

プラス1,589円でDVDでの購入も出来るようです。
Windows 8 upgrade 05

個人情報を入力。
Windows 8 upgrade 06

支払いはクレジットカードとpaypalより選択できます。
Windows 8 upgrade 07

支払いが完了するとプロダクトキーが表示されます。
メールでも送られてくるのでメモしたりする必要はないです。
Windows 8 upgrade 08

ダウンロードが終了すると、インストール方法を聞かれます。
ISOが欲しいので「メディアを作ってインストール」を選択します。
Windows 8 upgrade 09

インストールするメディアを聞かれるので「ISOファイル」を選択。
Windows 8 upgrade 10

ファイルの保存先を聞かれ、保存が完了したら再度プロダクトキーが表示されます。
Windows 8 upgrade 11

これで目的のWindows 8のISOファイルをゲットすることが出来ました。

あとはこいつをMacBook Airにインストールするわけですが、それはまた別のエントリーで。

 

関連記事

ブログをフォロー

コメントを残す