Mac mini Mid 2011にSSDを増設した後の設定とか

Mac mini 2011 mid ssd expansion after setting eyecatch

どーも、でこいです。

先日Mac miniにSSDを増設するところまで書きましたが、今日はその続きです。

OSの再インストール

SSDの増設が終わりましたら「Command +R」キーを押したまま電源を入れます。Wirelessキーボードだと起動音の「ジャーーーン」が鳴った後すぐに押すのがいいようです。
すると、リカバリーモードで起動します。

Mac OS Xユーティリティ画面が表示されるので、まずは「ディスクユーティリティ」を選択。

SSDをフォーマットします。
パーティションタブを選択し、適当に名前をつけて「Mac SO 拡張(ジャーナリング)」でフォーマットします。
Mac mini 2011 mid ssd expansion after setting 1

SSDのフォーマットが終了したらOS Xの再インストールです。

Mac OS Xを再インストールを選択し、画面に表示される項目を進んでいけばOKです。
Mac mini 2011 mid ssd expansion after setting 2

これでOSの再インストールは完了!

HDDのフォーマットとホームディレクトリの変更

次にHDDをフォーマットします。もちろんデータのバックアップ等が完了している前提です。

ディスクユーティリティを開き、消去タブを選択。
SSDの時と同様適当に名前をつけて「Mac SO 拡張(ジャーナリング)」でフォーマット。
Mac mini 2011 mid ssd expansion after setting 3

はい、これでフォーマットが完了しました。

次にホームディレクトリの変更です。
何もしない状態だとSSDにホームディレクトリが設定されているので、それをHDDに変えちゃいます。
これを行うことでSSDの方にはシステムデータだけを置くことができます。

システム環境設定を開き、「ユーザとグループ」を選択

カギをクリックして変更できるように

optionキーを押しながらアカウントをクリックすると「詳細オプション」と出てくるのでクリック。
Mac mini 2011 mid ssd expansion after setting 4

「ホームディレクトリ」の部分をHDDに設定してやります。
Mac mini 2011 mid ssd expansion after setting 5

これでユーザ以下のディレクトリがHDDになりました。

Trimを有効にする

SSDは使い込んでいるとパフォーマンスが低下していきます。
それを自動で解消してくれるものを「Trim」というのですが、Macだと自分で入れたSSDだとTrimが無効になっています。
これではSSD本来の性能を常に発揮出来ないので、Trimを有効にします。

専用のアプリがあるのでそれを使います。

Trim Enabler

上のリンクから「Trim Enabler」をダウンロードして起動、OFFになっている部分をクリックしてONに設定。
Mac mini 2011 mid ssd expansion after setting 6

あとは再起動をするだけ!

Trimが有効になっているかどうかは「システム情報」で確認出来ます。
Mac mini 2011 mid ssd expansion after setting 7
ちゃんと有効になってるね!

これで一通り完了です!

どのくらいパフォーマンスが向上したか

「結局SSDにしてどんだけ速くなったの?」
ってことで実際に検証してみた。

使ったのは以下のアプリ

Blackmagic Disk Speed Test App
カテゴリ: ビデオ
価格: 無料

まずは初めから入っていた500GBのSSD
Mac mini 2011 mid ssd expansion after setting 8

そしてSSD
Mac mini 2011 mid ssd expansion after setting 9

書き込みで3倍弱、そして読み込みはなんと10倍以上の速度が出ています!
HDDの状態でそこそこ使用していたのでパフォーマンスの低下はあるかと思いますが、それにしても素晴らしい進化です!

Mac miniはコスパに優れています。
メモリ交換も非常に簡単ですし、SSD化もちょっと頑張ればできちゃいます。

BTOで高い値段払わなくても自分でいろいろできますからね。

メインマシンとしてまだまだ現役で行けると思います!

関連記事

ブログをフォロー

コメントを残す