自分で作るシャープペンシル!「Varacil」を購入

Mechanical pencil puzzle varacil eyecatch

どうも、でこいです。

文房具カフェで見つけた「Varacil」というシャープペンシル。
その存在は知っていましたが、お店で売っているのはを見るのは初めて!

面白そうだったので、勢いで購入しちゃいました。

 


箱を開けるとパーツがお目見え。
Mechanical pencil puzzle varacil 1
プラモデルというよりパズルって感じです。

22個のパーツと機構部に分かれてます。

Mechanical pencil puzzle varacil 2
説明書。

Mechanical pencil puzzle varacil 3
3Dで難易度か高いからか、かなり細かく書いてあります。

作業開始!
Mechanical pencil puzzle varacil 4
と、意気込んだものの、はじめの2つを組む段階で5分ぐらいかかりました…
だ、だって3Dパズルなんて初めてだったんだもんッ!

Mechanical pencil puzzle varacil 12
黙々と組んでいきます

Mechanical pencil puzzle varacil 5
メカニカル部。これがないとシャーペンとして機能しませんね。ここすら自分で組むとは!
これを…

こうして…
Mechanical pencil puzzle varacil 6

こうじゃ
Mechanical pencil puzzle varacil 8

見覚えのある姿に!

これをそーっと中に入れていきます。

ズズズズズ…..
Mechanical pencil puzzle varacil 9

残りのパーツを組んで完成!さっきのところから8工程ありますw
Mechanical pencil puzzle varacil 10

写真を撮りながら作って、だいたい1時間ほどかかりました。
難易度はそこそこだと思います。

書き心地

頑張って作ったものの、これはあくまでもシャーペンです。
シャーペンとは文字を書くものです。

書き心地は、まぁそれなりです。
重さもそこそこで重心が下寄りなので安定感があって書きやすい印象。
ただ、いかんせん凸凹しているので長時間握っていると指が痛くなってきます。

シャーペンとしての完成度はなかなかのもんですね。
Mechanical pencil puzzle varacil 11

 

ブラック × ホワイトの他に、ダークブルー × ライトイエローとダークレッド × ライトグレーもありました!

  

文房具とかプラモとかが好きな方には是非チャレンジしてほしいですね。
説明書なしで作れたらまじで自慢できると思います!

 

関連記事

ブログをフォロー

コメントを残す