文房具カフェの地下会合なるものに行ってきた

Bunbougu cafe chika kaigou
どうも、でこいです。

文房具カフェの地下会合に行ってきました。

初参加でしたがかなり楽しめましたよ。

毎週火曜に開催

毎週火曜に開催されるこの地下会合、毎回テーマが決められています。
今回のテーマは「ど直球で万年筆を語る会」でした。

前から地下会合には興味があったのですが、なかなか機会もなく行けずじまいでした。

しかし、以前よりLAMYのサファリを愛用している僕は、今回の会合は是非行きたいと思い参加を決意。
お洒落スーツ爽やかイケメン助平こと、こっこ(@cocco00)さんも来られるようだったので、
一人よりは行きやすかったですね。

濃くてゆる〜い会

19時半からスタートした会合は、特に議題があるわけでもなく、各人が万年筆に対する想いを語っていく感じでした。

しかし皆さんさすがというか、内容がものすごく深くて僕はあっけにとられていましたねw

ずらりと並ぶ万年筆

テーマが万年筆ということで、たくさんの万年筆が集まりました。

Bunbougu cafe chika kaigou 1
ずらぁーーーーッ!

いやはや壮観ですね。
なにがスゴいってこの大量の万年筆、ほとんどがお一方の所有物ということ。

しかもその方、万年筆デビューは中学生の頃に買った5万円のものだったそうです!
中学生で筆記具にそんな大金を遣えるということは、素質があったんでしょうね。

まさかこんなに大量の万年筆を見るとは思いませんでした。

更には試筆もさせていただき、太字の万年筆の面白さを発見できました。

居心地のいい雰囲気

Bunbougu cafe chika kaigou 2
最後にいただいた鍵や分度器などの形のクッキー
意外と辛くてびっくりしましたw

やはり文房具カフェの独特な雰囲気は落ち着きますね。

お店の雰囲気だけでなく店長や店員さんのアットホームな感じがなんともいい感じで。

また興味があるテーマがあればお邪魔させてもらおうと思います。

関連記事

ブログをフォロー

コメントを残す