Android SDKをMacBook Airにインストール

Macbook air android sdk install
どうも、でこいです。

SSDの容量が逼迫していたMacBook AirからVMware Fusionを削除し、Windows環境もろともスッキリさせました。
当然Anddroid SDKも消え、このままではいろいろ困るので今度はMacにSDKを導入しました。


Android SDK

以下リンクからダウンロードします。
http://developer.android.com/sdk/index.html

「Download the SDK」をクリック。
Macbook air android sdk install 0

チェックを入れてから「Download the SDK ADT Bundle for Mac」をクリックしてダウンロード。
Macbook air android sdk install 1

ダウンロードしたファイルを解凍し、任意のフォルダ(devとか)を作成して中身を入れます。
そして、そのフォルダをアプリケーションフォルダに突っ込む。
Macbook air android sdk install 2

/Applications/XXXX/sdk/tools にある「android」を実行。
Macbook air android sdk install 3

Javaのインストールを求められたら、インストールします。
Macbook air android sdk install 4

Javaのインストールが終了すると「Android SDK Manager」が起動します。
最新のAPI 17がインストールされていますね。
Macbook air android sdk install 5

「Google USB Driver」はインストールできないようですねー。
Macbook air android sdk install 6

実はこれで完了です。

 

「完了です」

Windowsのときはここから環境変数を弄ってパスを通す必要があったんですが、Macはこれでおk。

一応確認してみませう。
手っ取り早いのはスクショ機能ですかね。

まずは端末側で「USBデバッグ」にチェックを入れます。
Macbook air android sdk install 10

端末とPCを接続

「tools」フォルダにある「ddms」を実行。
Macbook air android sdk install 7

Dalvik Debug Monitorが起動します。
Macbook air android sdk install 8

Device > Screen captureをクリック。
Macbook air android sdk install 9

こんな感じでスクショが表示されます。
Macbook air android sdk install 11

完璧です!

 

こんな感じで開発環境が導入できたわけです。

Windowsと比べてかなり楽に済みました♪

関連記事

ブログをフォロー

コメントを残す