【Xperia Z】カスタムカーネル DooMKernel v14【C6603】

Xperia z custom kernel doomkernel v 14
どうも、でこいです。

Xperia Zのカスタムカーネル「DooMKernel」がアプデされたので導入しました。

まだまだZ1には負けられません!w

※本記事はカスタマイズ等を推奨するものではありません。不具合が発生しても対応は出来ませんので自己責任でお願いします。


DooMkernel v14

Xperia z custom kernel doomkernel v 14 1

変更点(そのまま引用)

  • added intellidemand (v4.2) CPU frequency governor [v14 onwards]
  • added ROW I/O scheduler [v14 onwards]
  • added intelli_plug (v1.6) kernel level multi-core controller (replacement for mpdecision) with ECO-Mode! {here is how control this} [v14 onwards]
  • eco-mode disables two cores and makes the device like a dual-core device! hence giving better battery life when performance is not required!

  • added support for LZ4 compression of kernel [v14 onwards]
  • updated kernel level Sound Control to v3.0 (currently disabled) Sound Control v2.1 is still active! [v14 onwards]
  • added inbuilt init.d script (00load_exfat) to auto mount exFAT/FAT32 partitions of external memory card [v14 onwards]
  • added Samsung’s open source exFAT driver v1.2.4 [v14 onwards]
  • Merged Prima wlan modules revision 3.2.6.007a [v13 onwards]
  • numerous kernel patches to support the new wifi drivers [v13 onwards]

必要要件

  • Xperia Z 4.2.2 JB 10.3.1.A.0.244のファーム
  • bootloaderがアンロックされてること
  • fastbootが動くこと

ダウンロード

以下リンクの[ downloads ]から。
[KERNEL][Z] DooMKernel {JB}(v14)[20130906]

インストール

リカバリ

1) ダウンロードしたファイルをSDカードに保存

2) リカバリを起動し、「Z-DooMKernel-v14.zip」を焼く

3) リカバリから再起動

4) Enjoy!

fastbot

1) ダウンロードしたファイルを解凍し、「boot.img」をfastbootが動くファイルに置く

2) ボリュームアップを押しながらPCと接続し、コマンドプロンプトを起動

3) 以下のコマンドでイメージを焼く

4) 以下のコマンドで再起動

5) Enjoy!

 

[credit]
DooMLoRD

関連記事

ブログをフォロー

コメントを残す