Xperia Z1タッチ&トライに行って最新Xperiaを堪能してきた

Xperia z1 touch and tryどうも、でこいです。

先日正式に発表された「Xperia Z1
こいつをいち早く触る機会をSONYさんより与えていただく事ができました。


Xperia Z1

最初に15分ぐらい、ざっとZ1について紹介されたわけなんですが、その時の動画がとりあえずかっこよかったです。
Xperia z1 touch and try 02

あと、説明してくれたお姉さんがいい感じでした。

スペック

Xperia Z1のスペックはこのようになっております。

Xperia Z Xperia Z1
メインチップ APQ8064 1.5GHz
クアッドコア
MSM8974 2.2GHz
クアッドコア
防水、防塵 IPX5/7、IP5X IPX5/8、IP5X
電池容量 2,330mAh 3,000mAh
ディスプレイ 5.0inch 1080×1920 (Full HD)
“Reality Display”
5.0inch 1080×1920 (Full HD)
“トリルミナスディスプレイ”
NFC
カメラ(Main/Sub) 約1,310万画素/約220万画素 約2,070万画素/約220万画素
メモリ RAM 2GB/ROM 16GB RAM 2GB/ROM 16GB
OS Android 4.1 Android 4.2.2
映像出力ポート MHL MHL
サイズ/重量 139mm × 71mm × 7.9mm/
146g
144mm 73.9mm × 8.5mm/
170g

かなりスペックアップしてますねー
まだZが出てから1年も経ってないのにね!

本能のままに

思うがままに弄らせていただきました!

Xperia z1 touch and try 15
サイズ感はこんな感じ。SONYとXPERIAのロゴの位置は逆がよかったな…

Xperia z1 touch and try 04
同じ5インチでもこんなに違います。

中ものぞいてみる

UIが白くなりましたねー。
Xperia z1 touch and try 06

みんな大好き端末情報
Xperia z1 touch and try 07

と、とりあえず見たくなるやつw
Xperia z1 touch and try 11

AnTuTuしてみた。3万超えとな!
Xperia z1 touch and try 34

カメラのUIも一新されております
Xperia z1 touch and try 05

これもZと比較。
Xperia z1 touch and try 09

タイムシフト連射!
Xperia z1 touch and try 10

アルミ削りだしのフレーム

僕がXperiaを愛してやまない理由。それは何よりも見た目です。
そう、Xperiaのあの美しさの虜になってしまったわけですw

Xperia Z1は、サイドを囲むフレームに削りだしのアルミを使用しています。
そのため継ぎ目がなく、非常に美しいです。

金属フレームと言えば、電波の影響を受けやすいイメージですが、SONYさんは フレームにアンテナを組み込んだのです。これにより、電波状況を赤朝迫る事なく金属フレームを導入する事ができたようです。

見ていただこう、その美しさ

Xperia z1 touch and try 28
そうそう、同じパープルでもZより青っぽくなってます。
あと、キラキラした感じのもなくなっていて、サラッとした雰囲気に。

Xperia z1 touch and try 24
上がZで下がZ1

Xperia z1 touch and try 25
上から

Xperia z1 touch and try 26
サイド

Xperia z1 touch and try 27
下。スピーカーが目立ちますね。

Xperia z1 touch and try 17
フレーム

Xperia z1 touch and try 18
フレームフレームフレームウウウッ!!!

Xperia z1 touch and try 20
Gレンズ!

Xperia z1 touch and try 19
It’s a SONY

Xperia z1 touch and try 21
SDスロットとコネクタ

Xperia z1 touch and try 22
SIMトレー

Xperia z1 touch and try 23
左がZ1。ボリュームボタンがちっちゃいですね。
電源ボタンがスッキリしてて好きです。


サイズも大きくなって重さも増したのに、Zよりも持ちやすい印象でした。
フレーム周りの処理が角を落としたようになっているからだと思います。

手に持った瞬間感じました。

なじむ
実に!なじむぞ

あと、やっぱりアルミいいですね。

Xperia Pというアルミボディの端末を持っていますが、あれはもう完全に一目惚れで買いましたw

なんでしょう、美しさを追求するための技術の粋みたいなのが見える感じがするんです、はい。

ドックも忘れずに

Xperia z1 touch and try 30
新ドック!Z Ultraのとは違いました。

Xperia z1 touch and try 31
大きさはこんなん。

Xperia z1 touch and try 32
ドッキング!ドックがすっきりしてるのはいいですねー。

アタッチメントが外れるようになってて、ケースとかを着けた状態でもドッキングできるようになっているようです。
ケース派の人にもありがたいですね。

欲しくなった

触ってたらやっぱり欲しくなってしまったんですが、Z Ultraを買おうと思っているのとホナミニさんも欲しいので我慢します!

他にもレンズカメラとかありました。
Xperia z1 touch and try 14
これも欲しくないと言ったら嘘になりますがw

でもやっぱりZ1のがかっこ良くてずっと触ってた。


フラッグシップの証である「Z」と、この機種で実現した様々な1st(一番)。
2つを意味する「Z1」という名前。

この名前に負けない美しさ、スペックを持った非常に魅力的な端末でしたよ。

ペリアマニアとしては非常に楽しいイベントでした。
SONYさんありがとう!

関連記事

ブログをフォロー

コメントを残す