Windows 8でFastbootドライバをインストールする方法

Windows 8 fastboot driver install

どうも、でこいです。

MacBook Airに新規にWindows 8をインストールしたので、Fastbootドライバも入れ直し。

Win 8からちょっと手順が増えてるんですが、久々にやったので忘れないようにメモ

ドライバ署名の強制を無効にする

では早速

「win + R」 キーでファイル名を指定して実行を表示し「cmd」と入力、コマンドプロンプトを起動
Windows 8 fastboot driver install 01

「shutdown /r /o /t 0」と打ってエンター
Windows 8 fastboot driver install 02

トラブルシューティング画面に移行するので「トラブルシューティング
」を選択する
Windows 8 fastboot driver install 03

「詳細オプション」を選択
Windows 8 fastboot driver install 04

「スタートアップ設定」を選択
Windows 8 fastboot driver install 05

「再起動」をクリック
Windows 8 fastboot driver install 06

再起動後、「7」キーで「ドライバー署名の強制を無効にする」を選択
Windows 8 fastboot driver install 07

設定は以上

ドライバをインストール

次はドライバをインストールします。

Flashtoolをインストールしたフォルダにいき、drivers > Flashtool-drivers.exeを実行
Windows 8 fastboot driver install 08

インストールしたいドライバを選択してInstallをクリック
Windows 8 fastboot driver install 09

「ドライバーソフトウェアの発行元を検証できません」という警告が出でるので、「このドライバーソフトウェアをインストールします」を選択
Windows 8 fastboot driver install 10

インストールが終了したらPCを再起動

で、完了


Windows 7までに比べ、手順が面倒になっていますねー。
簡単にいろいろできないようになってるんですね。

とりあえずこれでMacBook AirでもXperiaを弄れるようになりました!

Microsoft Windows 8 Pro 発売記念優待版 (2013年1月31日まで:型番情報:3UR-00026)
Microsoft Windows 8 Pro
posted with amazlet at 13.11.28
マイクロソフト (2012-10-26)
売り上げランキング: 41

関連記事

ブログをフォロー

コメントを残す