【Z Ultra】純正クレードルDK34を買ってみた。

Xperia z ultra magnetic dock

どうも、でこいです。

Xperia Z Ultraから搭載されたマグネット式の充電端子。
こいつを活かすために、マグネット式クレードルを購入しました。


純正ドックの種類

Xperia Z Ultra専用のは「DK30」というやつで、USBケーブル一体型のチャージングドックです。

Xperia Z1用のチャージングドックは「DK31」で、こちらはZ1用にちょっと幅が広くなっています。

そして、Xperia Z1にはケーブルが別になっている「DK34」が付属します。

「DK30」「DK31」「DK34」の3種類があるというわけですね。

また、Xperia Z1は日本でもdocomoとauからSO-01F/SOL23として売られているため、それぞれSO18/SOL23PUAが付属します。

選ばれたのは、SOL23PUAでした

卓上ホルダ SOL23PUA 箱今回は、一番安く手に入る「SOL23PUA」を購入しました。
値段には勝てなかったw

DK30、DK31は¥4,000ほどしますが、SO18は¥2,940SOL23PUAは¥2,730で買う事ができます。

卓上ホルダ SOL23PUA
ちょこーん。

SOL23UA Model DK34
名前が「SOL23PUA」なだけで、モデルは「DK34」です。

ケース等を装着して厚くなることを考慮して、アタッチメントが付属します。

SOL23PUA アタッチメント 34A 34B左がデフォ。微妙に幅が広くなっているのが分かると思います。

やっぱ純正だよね

さっそくドッキング

Xperia z ultra DK34 Docking
なじむ!実になじむ!

しかしここで思わぬ誤算が。

そう、それは厚さ…

Z1の厚さが8.5mmなのに対してZ Ultraは6.5mm
2mmの差は結構大きい。

Xperia z ultra DK34 gap
クレードルにもその差が出てくるわけで、これぐらい隙間が空きます。

Xperia z ultra magnetic dock DK34
クレードルに乗せると、これぐらい傾いちゃう。

そして、この状態だと端子がちゃんと接触しないのか充電ができないww

困った僕は、試しにちょっと厚さのあるものを挟んでみることに

すると…

Xperia z ultra magnetic dock DK34 afterお、いい感じ。

この状態ではしっかり充電されました!

なんか上手い方法を考えなくてはなりませんなー。

他の端末乗せてみた

意外と幅に余裕があったので、他の端末も乗せてみました。
もちろん充電はできませんがw

まずはXperia Z

DK34 Xperia Z Landscape
おお、ぴったり!

DK34 Xperia Z Portait縦置きでも倒れませんでした。

次にiPhone 5

DK34 iPhone5 Landscapeこっちもいい感じです。

DK34 iPhone5 Portrait縦でもね。

動画みたりするときには便利かもなーと思いました。


microUSB端子部のフタを充電の度にパカパカやってると、防水性能的にちょっといろいろ不安になっちゃいます。

フタをあけずにすむこの端子は積極的に使っていきたいところ。

クレードルの他にも、ケーブルだけのものや、マグネット充電部のものも出回っています。
クレードルより価格が安いので、充電ごときに¥3,000もかけたくないという人はそっちもいいかんじですよー。

SONY純正 Xperia Z1/Xperia Z Ultra 対応 充電クレードル Magnetic Charging Dock DK30
Sony
売り上げランキング: 6,908
SANWA SUPPLY Xperia用USB充電専用ケーブル 1m (USB-充電端子) ブラック KU-XPMG1
サンワサプライ (2013-11-30)
売り上げランキング: 134
SANWA SUPPLY Xperia用充電変換アダプタ (microUSB-充電端子) ブラック AD-USB21XP
サンワサプライ (2013-12-31)
売り上げランキング: 947

関連記事

ブログをフォロー

コメントを残す