MacBook Airの容量が倍になる「PNY StorEDGE」が気になる!けど・・・

MacBook Air PNY StorEDGE

僕の所有するMacBook Airは容量が128GB。

そろそろ容量の限界が迫ってきている状況なんですが、なかなか良さげなアイテムを見つけました。

PNY StorEDGEとかいうやつ

その良さげなアイテムというのが「PNY StorEDGE」。

SDスロットに挿入するタイプのやつで、容量はなんと128GBまであります。倍になります。

PNY StorEDGE Fit SDスロット disk for MacBook Air, Pro (128GB)
PNY
売り上げランキング: 129,620

同じような製品に「Nifty MiniDrive」というものがあります。

こいつは、micro SDカードを挿入して容量を増やしちゃおうってやつ。

ちなみに、micro SDは64GBが5000円しない値段で買えます。あわせて1万円ぐらいですね。

このmicro SDが、128GBになるとお値段は2万円以上・・・たけえ。

見た目安っぽくなるけど安いのもありますね。

Color Drive mini (BLACK / ブラック) sdカード アダプター Apple MacBook Pro, Air用
Beeding(ビーディング)
売り上げランキング: 16,445

128GB増やしたかったら「PNY StorEDGE」がいいんでしょうな。

PNY StorEDGE と Nifty MiniDrive

気になる2つの差。

そいつ自身で完結するか、micro SDを挿入するかもあるんですが、MacBook Airに挿入した時の見た目が違います。

まずNifty MiniDriveはこう。

Nifty MiniDrive

ぴったんこ。完璧なフィット感。筐体に限りなく一体化。

で、PNY StorEDGEはこう。

PNY StorEDGE

ツライチではなくちょっと出はります。

取り外しやすさを優先するか一体感を重視するかという感じでしょうか。挿しっぱって考えるとぴしっとしてた方が嬉しいですよね。

気になるけど

かなり良さげな製品ではあるんですが、いかんせん僕のMacBook Airは11インチ。SDスロットがありません。

つまり、使えないという事。

機動性を重視して11インチを選んでる僕にはツラい。

SSD交換という選択肢

SD挿せないならSSD交換してしまおう!という結論に。

とりあえず256GBぐらいにしたい。

が、最近トランセンドから発売されたJetDriveはMid 2013には非対応。ぐぬぬ。

秋葉館で売っているSSDは・・・

Akibakan ssd

お!

しかし、SAMSUNGとSanDiskで読み込み、書き込みの速度の差が気になります。

読み込み30MBはあれとして、書き込みで120MBの差ですからね。

結果、もう少し悩む事にしました。

関連記事

ブログをフォロー

コメントを残す