Photoshopでテキストにダメージ加工風のエフェクトをかける方法

Photoshop damage processing

Photoshopを使って文字にダメージ風の加工をする方法です。

慣れればめっちゃ簡単にできます。

今回はでこにくのロゴにダメージ加工をします。

Photoshop damage processing 07

まずは適当な画像を用意します。町並みとか工事現場の写真がいい感じです。

Photoshop damage processing 01

イメージ > 色調補正 > 2階調化を選択。

Photoshop damage processing 02

しきい値を弄って黒い部分を丁度いいぐらい残します。

Photoshop damage processing 03

とりあえずこんな感じ。

Photoshop damage processing 05

自動選択ツールで黒い部分を選択したら、右クリックして近似色を選択をクリック。

Photoshop damage processing 06

こんな感じで黒いとこが選択されるので、「⌘+C」とかでコピーする。

Photoshop damage processing 14

加工したい文字を開いて、「⌘+V」とかで貼付けます(分かりやすいように色を変えてあります)。で、いい感じに位置を調整してあげる。

Photoshop damage processing 08

ペーストしたレイヤーのサムネイルにカーソルをあわせて⌘キーを押しながらクリック。

Photoshop damage processing 09

こんな風になります。

Photoshop damage processing 10

テキスト画像の方のレイヤーを選択して、deleteキーを押します。

Photoshop damage processing 11

貼付けた方のレイヤーを削除すればこんな感じで出来上り!

Photoshop damage processing 12


画像を選ぶとこと、しきい値を決めるとこで出来が左右される気がします。

神速Photoshop[Webデザイン編] CC対応 (アスキー書籍)
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2014-03-26)
売り上げランキング: 485

関連記事

ブログをフォロー

コメントを残す