iPhone 6の利用料金をSIMフリーとキャリア版で比較してみた

iPhone-6-billing compare

SIMフリーとキャリア版それぞれでiPhone 6を契約したときに毎月、2年間の料金がどうなるかを比較しました。

参考にどうぞ。

iPhone 16GBを購入し、それぞれ一番安いプランで契約したと仮定して計算していきます。

SIMフリー

SIMフリー機を買い、SIMカードは音声通話のできるIIJのみおふぉん ライトスタートプラン(データ通信は2GB)を契約。

端末代金は24回の分割払いとします。

端末代金 ¥3,051
みおふぉんライトスタートプラン ¥2,398
合計 ¥5,449
2年間 ¥130,776

キャリア版

新規・MNP (新プラン)

3キャリアとも、新プランにした場合は以下が基本になります。

端末代金 ¥0
通話定額プラン ¥2,916
データプラン(2GB) ¥3,780
ISP料金 ¥324
合計 ¥7,020
2年間 ¥168,480

MNPの場合、auでは「auにかえる割 Plus」が、ソフトバンクの場合「のりかえ割」が適用され、それぞれ10,000円分のau WALLETチャージ、Tポイントが付与されます。

また、ソフトバンクの場合、毎月の通信料から合計で10,800円割引を選ぶことも可能です。

新規・MNP(旧プラン)

auとソフトバンクは新規・MNPでも旧プランを契約することが可能です。
その場合の料金は以下になります。

新規

端末代金 ¥0
基本料金 ¥1,008
データフラット ¥5,616
ISP料金 ¥324
合計 ¥6,948
2年間 ¥166,752

MNP

MNPの場合、「auにかえる割 Plus」、「のりかえ割」が適用され、毎月の基本料金が24ヶ月間0円になります。

端末代金 ¥0
基本料金 ¥0
データフラット ¥5,616
ISP料金 ¥324
合計 ¥5,940
2年間 ¥142,560

機種変更(新プラン)

機種変更で新プランを契約した場合は以下になります。

ドコモ au ソフトバンク
端末代金 ¥486 ¥605
通話定額プラン ¥2,916
データプラン(2GB) ¥3,780
IPS料金 ¥324
合計 ¥7,506 ¥7,625
2年間 ¥180,144 ¥183,000

端末代金がちょっと安いドコモがそのまま安くなる感じ。

機種変更(旧プラン)

機種変更で旧プランを契約した場合は以下になります。

ドコモ au ソフトバンク
端末代金 ¥3,078 ¥605
基本料金 ¥802 ¥1,008
データフラット(7GB) ¥5,616
IPS料金 ¥324
合計 ¥9,820 ¥7,553
2年間 ¥235,680 ¥181,272

まとめ

上記のパターンで計算した2年間の料金合計は以下になります。

新規・MNP 機種変更
新プラン 旧プラン 新プラン 旧プラン
ドコモ ¥168,480 ¥180,144 ¥235,680
au 新規:¥156,752
MNP:¥142,560
¥183,000 ¥181,272
ソフトバンク
SIMフリー ¥130,776

SIMフリーはデータ通信が2GBなので安いのもありますが、旧プランのMNPが意外にも安いですね。

iPhone 6発売後に提供される日本通信の「Platinum SIM」を契約すれば、8GBのデータ通信を月3980円で使えるので、2年間で17万円以下に抑えることも可能です。
また、現在安い回線を持っているのであれば、SIMフリー機を買ってそのSIMで運用というパターンもあります。

3キャリアとSIMフリー版の料金比較表をGoogle スプレッドシートで作ったので、気になる方は使ってみてください。
セルの色が変わっている部分がリストになっていて、契約や端末、データ通信量などを変えられます。

iPhone 料金表 – Google スプレッドシート

関連記事

ブログをフォロー

コメントを残す