Mac miniの素晴らしさは拡張性の高さだと思っていた時期が僕にもありました

Mac mini

Mac mini、好きです。

だがLate 2014、お前は別だ。

去勢されたMac mini

僕のMac miniはMid 2011の梅(一番安いモデル)です。

Mac mini (Mid 2011) – 技術仕様

買ってから、メモリを8GBに増設し、SSDを240GBのSSDを突っ込みました。

その時の記事がこちら。

とりあえず一番安いモデルを買っておいて、メモリ増設なりできるのがMac miniのいいところだよなぁとおもっていました。

が。

先日発表されたMac mini Late 2014はメモリ交換すら自分でできないというではありませんか!

Mac mini cto

失望しました。Mac miniが発表されたらちょっと欲しいかもなんて思ってたのがウソのようです。デスクトップなのにメモリ交換できないとかほんとアレ。

とはえいえ、ぶっちゃけ今の環境でもたまぁに「メモリ16GBにしとけばよかった…」って思うぐらいでした。そういえばメモリは知らぬ間にどんどん価格が上がってるんですね。

Transcend ノートPC用増設メモリ PC3-12800(DDR3-1600) 16GB KIT(8GB×2) 永久保証 JM1600KSH-16GK
トランセンド・ジャパン
売り上げランキング: 272

あと、2011はUSB 3.0対応じゃないので、2012買っていじろうかなとも考えたんですが、ThunderboltをUSB 3.0に拡張してくれるアクセサリーもあるようなので、ますますこのままでよいなってことに。

Amazon.com: Kanex KTU10 Thunderbolt to eSATA Plus USB 3.0 Adapter: Electronics

そんなこんなで、16GBのメモリとUSB 3.0にできるやつ買えばしばらくは戦ってくれるだろうなという感じに落ち着きました。出費は抑えられるのでよかったとは思ってます。

とりあえず、拡張性とかなくなってしまったMac miniにがっかりであります。

今買うなら2012でしょうね。

APPLE Mac mini/ 2.5GHz Dual Core i5 /4G/500G/USB3/Thunderbolt MD387J/A
アップル (2012-10-24)
売り上げランキング: 2,062

Mac mini – Apple Store

関連記事

ブログをフォロー

コメントを残す