OS X YosemiteのインストールディスクをUSBメモリに作成する方法

OS X Yosemite インストールディスク

「OS X Yosemite」のインストールディスクを作ったのでその方法をメモ。

インストールディスクがあると救われる

インストールディスクは、トラブルに見舞われてしまった時なんかに便利。

  • OSを起動できなっくなったとき
  • クリーンインストール
  • インターネットに接続できない環境でのOSインストール

こんな時にあるとラクです。

OS Xをインストールしたい時に毎度毎度5GB近いデータをダウンロードするのも面倒なので、そういう意味でも作っておくといいでしょう。

USBメモリをフォーマット

まずは8GB以上のUSBメモリを用意します。SDスロットがあるMacならSDカードでもおk。

MacにUSBメモリを接続したら、「ディスクユーティリティ」を起動します。

パーティションタブをクリックし、「パーティションのレイアウト」のポップアップメニューから「1 パーティション」を選択。

Usb memory format 01

名前を「Untitled」にし、フォーマットフィールドで「Mac OS 拡張 (ジャーナリング)」を選択。

Usb memory format 02

「オプション」をクリック、「GUID パーティションテーブル」を選択して「OK」をクリックします。

Usb memory format 03

「適用」をクリックし、ダイアログで「パーティション」をクリックします。ドライブが削除、再フォーマットされます。

Usb memory format 04

OS X Yosemite をダウンロード

Mac App Storeで「OS X Yosemite」をダウンロードします。

OS X Yosemite mac app store

ダウンロードが終わるとインストーラーが起動しますが、終了しちゃってOKです。

OS X Yosemite installer

コマンドから起動用のディスクを作成

ターミナルを起動し、以下のコマンドを実行。

Install disk create 02

ターミナルに「Password:」の表示がでたら、ログインしているユーザーのパスワードを入力してreturnキーを押下。キーを打ってもカーソルは動きませんが、ちゃんと入力されてます。

Install disk create 03

上手くいくと「Erasing Disk:」と表示され起動ディスクが作られます。

Install disk create 04

しばらく待って、「Done.」と出れば完了!

Install disk create 05

起動ディスクのテスト

せっかく作っても動かなきゃ意味ないので確認します。

USBメモリを挿したまま再起動し、起動時に「option」キーを押しっぱなしにします。

起動ディスクの選択画面が表示されるので、さっき作った「Install OS X Yosemite」を選択して「return」キーを押します。

OS X Yosemite install 01

りんごマークが出るのでちょっと待ちましょう。

OS X Yosemite install 02

無事に「OS X ユーティリティ」が表示されました。これで確認は完了。左上のりんごマークをクリックしてマシンを再起動させましょう。

OS X Yosemite install 03


Yosemiteのダウンロードに一番時間がかかるんじゃないでしょうか。

とりあえず作っておけば安心って感じなやつです。

関連記事

ブログをフォロー

コメントを残す