サイズも音も迫力満点なBluetoothスピーカー「Klipsch KMC3」レビュー

Klipsch kmc3

フロンティアファクトリーさんから「Klipsch KMC3」をレビュー用に貸していただきました。

迫力ある音で大満足であります。

Klipsch KMC3

外観

Klipsch kmc3_04

まずは箱。すでにかっこよい。

Klipsch kmc3_03

裏側もなんかライブ感ある。Klipschロゴがギターっぽくなってるのもかっこいいですねー!

Klipsch kmc3_02

オーディオケーブル、リモコン、電源ケーブルが付属します。

Klipsch kmc3_05

ドドーンと正面。5cmのアルミニウム・ダイアフラム・フルレンジスピーカー2基と13.3cmロングスローウーファー1基を備えております。デカいです。

Klipsch kmc3_06

背面。エンクロージャーはバスレフ型となっております。

Klipsch kmc3_08

サイドにはカラーリングの施されたV字の刻印が。

Klipsch kmc3_11

ロゴにも高級感がありますねー。

Klipsch kmc3_07

後ろには電源端子、3.5mmのステレオミニジャック、そしてスマホとかを充電できるUSB端子を備えています。

ちなみに、電池駆動も可能ですが単一電池が8本必要になります。その場合の駆動時間は標準ボリュームで26時間、最大ボリュームで8時間です。

Klipsch kmc3_01

kmc3のビックリはなんといってもそのサイズ!見ての通り大きいです。高さ183mm、幅432mm、奥行き140mmですぞ。重量は4.5kgです。

Klipsch kmc3_09

上部にはタッチ式のボタン類があります。トレイはゴム製になっていて、充電中のスマホを置いても滑らないようになっているんですね。

Klipsch kmc3_10

電源ボタンの横の「∞」ボタンを長押しして点滅を始めると機器が検出され、ペアリングができます。ペアリング後はマークが点灯したままになります。

Klipsch kmc3_12

リモコンでできる操作は以下。

  • 電源オン/オフ
  • ボリュームダウン
  • ミュート
  • ボリュームアップ
  • 曲戻し(長押しで巻き戻し)
  • 一時停止/再生
  • 曲送り(長押しで早送り)
  • 入力きりかえ

必要十分じゃないでしょうか。

音について

いやー重量感がハンバないです、重さではなく低音の。机の上とかだと天板が震えますw

バスドラやベースなんかの迫力は小さいBluetoothスピーカーには真似できないっすね。ドライバのデカさがあるからなし得る音です。これに関してはデカさが正義ですわ。

僕は特にメタルとかが好きなのでかなり音も好みです。重低音が多めの音楽が好きならとても魅力的だと思いますよ。

あと、音量も素晴らしい。防音がしっかりしてるとことか田舎の一軒家ぐらいでしか最大音量出せなそうですが…w

3.5mmの外部入力も備えているので、iPodとかの音源もならせます。ただ、音量がBluetooth接続の時よりも音が小さくなるので、大音量が欲しかったらポタアンとかあったほうがいいかなって感じです。


据え置きがメインですが、まぁ持ち運びも不可能ではないです(電池駆動もできますし)。それでいて迫力ある音を楽しむことができるというのが特徴というかメリットだと思います。

広い部屋から屋外まで場所を選ばずいろんなところで高音質を楽しめるのはいいですね。これはかなりオススメできます。

Klipsch Audio Technologies KMC3 Black KLKMC3Z112
Klipsch KMC3
posted with amazlet at 14.11.23
Klipsch Audio Technologies
売り上げランキング: 204,779

関連記事

ブログをフォロー

コメントを残す