12インチでRetinaな新MacBookが登場、スペックと気になるポイントまとめました

Apple MacBook

Appleが、新型MacBookを発表しました。

出たら買おうと思ってた製品が発表されたので、嬉しいです。

製品仕様

まずはスペックをざっと。

ディスプレイ 12インチ 2,304 x 1,440 ピクセル 226ppi
プロセッサ 1.1 GHz / 1.2 GHz Intel Core M
メモリ 8GB 8GB
ストレージ 256 GB / 512 GB
グラフィック Intel HD Graphics 5300
サイズ、重量 0.35~1.31 × 28.05 × 19.65 cm 、 0.92 kg
インターフェース USB-C ポート 、ヘッドフォンポート
バッテリー駆動時間 インターネット閲覧:最大9時間
iTunesムービー再生:最大10時間

キーボードは独自の「バタフライ構造」を採用

キーボードは、今までのシザー構造からバタフライ構造へ。こうすることでキーのどの部分を叩いてもぐらつきがなくキータッチが軽快になるらしい。

apple-macbook-12-retina_02

キーボード自体も40%薄型化。でもちゃんとLEDバックライトはありまぁす!

apple-macbook-12-retina_07

キーストロークも問題なさそう(エンターキー周りが小さくなるのは目をつぶる)だけど、僕が気になったのはキーストローク。薄いってことはそれだけ浅いってことなので、なんというかペタペタした感じになってしまうんじゃないかなぁって思ったり。これに関しては実際触ってみないと分かりませんが。

トラックパッドも新しく

トラックパッドは、物理的なクリックはなくなったようです。その代わりというか、Taptic Engineと感圧センサーを備えてます。トラックパッドのどこを押してもクリック感がえられるらしいけど、これも触らないとどうなのかわかりませんね。

apple-macbook-12-retina_03

タッチの強さを判定して機能を振り分けることができるようです。タッチの強さに応じて早送りの速度を変えたりできるみたいです。発表見てるときはすげえと思ったけど、どこまで実用的なもんかな。

apple-macbook-12-retina_04

つげえ詰め込んでる

搭載されているIntel Core Mプロセッサは、ファンレス設計で、従来製品(Core i5とか)に比べてサイズや消費電力が削減されています。そのおかげでMacBookのロジックボードはめちゃめちゃ小さいんです。

apple-macbook-12-retina_11

で、そのぶん使えるようになったスペースにはぎっしりバッテリーを。

apple-macbook-12-retina_06

しかも、段上に積み重ねることでデットスペースを極限まで少なくしています。なんか最近のスマホっぽい。

apple-macbook-12-retina_05

CPUが省電力でバッテリーがたくさん、だからRetinaディスプレイでもMacBook Airと同等のバッテリー駆動時間が得られているすね。

とうとうなくなったいろんなポート

かねてからウワサされていましたが、MacBookは外部ポートがUSB-Cの一つのみ。

apple-macbook-12-retina_09

このポートのみで、充電やUSB接続、外部出力を担います。

1つしか口がないので、単体では充電しながらiPhoneを同期したりはできなくなりました。それがしたければマルチポートのアダプタを買えということらしい。そのアダプタはストアで9,500円(税別)。独自規格でもないのになんでこんなに高いんだ…サードパーティ製品を待つのが吉っぽい気もするけど出るんかな。

さらにさらに、現時点でこのマルチポートアダプタは「HDMI、USB 3.1 Gen 1、USB-C」と「USB 3.1 Gen 1、USB-C、VGA」の2種類。あれ、Thunderboltが見当たらない…うーんこの。

ちなみに、付属品は29WのアダプタとUSB-Cケーブル。このUSB-Cケーブルは、両端ともUSB-Cってことらしいので完全に充電にしか使えない感じですね。

apple-macbook-12-retina_08

これ、片方が普通のUSBだとしたら、モバイルバッテリーとかからも(出力さえあれば)充電できたのかなぁとか考えたりしましたけどダメでしたw

あ、イヤホンジャックはちゃんと残ってますよ。

iPhoneと同じ3色展開

シルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色展開になりました。iPhoneと揃えられるらしいです。

apple-macbook-12-retina_10

個人的には断然スペースグレイがかっちょいいと思うよ!

そうそう、リンゴマークは光らなくなったよ。

4月10日発売で税抜き148,800円から

価格は税抜き148,800円、税込みだと160,704円。SSD 512GBの上位モデルは税込み199,584円です。

発売日は4月10日。僕は256GBモデルのスペースグレーを買うよ。

CTOはCPUだけ?

ページを見ても、

オプション:1.3GHzデュアルコアIntel Core Mプロセッサ(Turbo Boost使用時最大2.9GHz)、4MB共有L3キャッシュに変更可能

としか記載がないので、メモリを増やしたりすることはできなそう。まぁ僕はモバイルで使う予定なのでメモリ8GB、SSD256GBで十分ですが。もっとマシンパワー欲しかったらMacBook Proを買いなさいということなのでしょう。


名前はどうなるんだろうと思ってたらまさかの無印MacBook。

発表されなかったら、出るまでは11インチのMacBook Airでつなごうかとか考えてたタイミングだったので、これは買い。

家には母艦のMac miniがあるし、モバイル用は徹底的に軽くしたい。

USB-Cに関しては、どうにか頑張るしかないけどw

Apple – MacBook

関連記事

ブログをフォロー

コメントを残す