USBポートが1つしかなくて使い勝手悪いかもだけど新型MacBookが欲しい

I want MacBook

いろんな人のいろんな意見を見るけど、欲しいものは欲しい。

そう、12インチでRetinaディスプレイのMacBookのことです。

MacBookにガチ恋

発表が始まるまで、果たして本当に発表されるのか、発表されたとしても発売が結構先なんじゃないだろうかなど、いろいろ考えてました。

しかし、目の前にリークで見たことある映像が飛び込んできた瞬間、発売日だとかそういうことは吹っ飛びました。ガチ恋ですね完全に。

基本的に新しいものが好きなのもありますが、これはマジでいいんじゃねえすかー!?早く自分の手に収めたいという欲求が身体から溢れる。寝ないで発表見てたのに全然眠くならないやばい。

ちょっと時間をおいて、いろいろ考えたけどやっぱりMacBookが欲しいってなったので、そうなったポイントとかを列挙。

スペック比較

新しくMacを買うにあたり、スペック比較は大事です。

僕は母艦としてMac mini Mid 2011を使っているので、MacBookを使うのはほぼ家じゃない環境になるでしょう。なので、求めるものは携帯性になります。ここでProが外れる。

また、過去にMacBook Airの11インチと13インチを使った結果、モバイル用なら11インチだろうという結論に至っているので、MacBookかMacBook Air 11が選択肢として残ります。

つーわけで、この2つのスペックを比べてみるとこんな感じ。(メモリ、SSDはMacBookに合わせました)

macbook
MacBook
macbook_air_11
11インチ MacBook Air
ディスプレイ 12インチ 2,304×1,440 ピクセル 11.6インチ 1,366×768 ピクセル
プロセッサ 1.1GHzデュアルコアIntel Core M 1.6GHzデュアルコアIntel Core i5
メモリ 8GB 8GB
ストレージ 256GB 256GB
グラフィック Intel HD Graphics 5300 Intel HD Graphics 6000
サイズ 1.31 × 28.05 × 19.65 cm 1.7 × 30 × 19.2 cm
重量 0.92 kg 1.08 kg
インターフェース USB-C ポート × 1 USB 3ポート × 2
Thunderbolt 2ポート × 1
バッテリー駆動時間(インターネット閲覧) 最大9時間 最大9時間
その他 バタフライ構造フルサイズバックライトキーボード
感圧タッチトラックパッド
フルサイズバックライトキーボード
マルチタッチトラックパッド
価格(税込) 160,704円 149,904円

大きな変更としては、インターフェースがUSB-Cポートのみとなったこと、トラックパッドとキーボードが変更されたことって感じでしょうか。あとMacBookはリンゴが光らない。

これだけ見ると、サイズを取るか性能を取るかって感じですよね。

USB-Cポートが1つってどうなの?

新MacBookで懸念されてるのがまずこれですよね。充電しながらUSB接続するには9500円(税別)のマルチポートアダプタが必要だし、iPhoneを同期させるだけでも変換アダプタが必要になります。うむ、確かにこれは面倒かもしれない。

Multi port adaptor

さっきも書いたように、僕はもっぱら家じゃない環境(スタバドヤァとか)で使うと思います。そして、MacBookはインターネット閲覧で最大9時間バッテリーが持ちます。

さて、カフェでドヤろうと思ったとき、僕はそこに何時間居座るんだろうって考えると、少なくともバッテリーがなくなる程作業をすることはそんなにないと考えられるわけです。

じゃあ、外に持ってく時は充電器いらないよねーってことになるので、外で使う場合マルチポートアダプタは多分不要。せっかく軽いのに一緒に持ってくもの増えるじゃねーか!とはならなそうです。とはいえ買うとは思うけど。

これに関しては、モバイルPCなんだから家で充電しといて外では電源不要だろ!というメッセージだと受け止めました。

次に、iPhoneを繋ぐのにもアダプタが…ってことですが、どういう時にiPhoneと接続するんですかね?僕の場合はデータのやりとり(写真とかスクショとか)ぐらいですかね、同期はMac miniとするので。

で、データのやり取りぐらいならケーブルなくてもやりようはいろいろありますよね。Air DropとかPushbulletとか。確かに大量のデータを移すならケーブルあった方がラクでしょうが、毎回毎回数十枚も転送しないのでなくてもなんとかなる。

少なくとも僕の想定使用環境はこんな感じになるので、一番使うと思われるモバイルスタイルの場合、USB-Cポートが1つしかないというのはあんまりデメリットではないと思いました。

むしろモバイルバッテリーで充電できたりしたら面白そうですし。

プロセッサが貧弱

これも言われますね。ファンレスのCore Mとか、何ができるんだよ的な。

逆に聞こう、MacBookでなにすんの?って。

僕はTwitterとネットとブログとTwitterぐらいしかしません、あとTwitter。たまにPhotoshop使うかな?ぐらい。

まぁこれくらいなら全然実用には耐えうると思いますよ。RetinaディスプレイだからTwitterも捗りそうですよね!

写真・動画編集をガンガンしたいならMacBook Pro買えばいいと思うの。

Core Mちゃん、ファンレスなので負荷がかかりまくって高温になるとクロック数がさがってパフォーマンスが低下する感じだと思うんですが、そんな作業を毎回するような人はそもそもこのクラスのMacを買うべきではないと思いますよ。

万能じゃなくて特化してるほうがいい

僕は過去に11インチと13インチのMacBook Airを使ったことがあります。13インチを買った翌年に11インチに乗り換えました。13インチMacBook Airを買った理由は、軽いMacBook Airで画面がデカいから。

たしかに13インチの方が作業スペースが広いですが、ぶっちゃけ外でする作業なら11インチとそこまで差はないと感じました。むしろその分重さが増しているので、携帯性を考えると11インチがいいやって感じになったわけです。(SDスロットは失いましたが)

その時に思ったんです。なんとなく万能に使えそうなやつよりも使う目的をしぼったほうが使いやすいし、よく使う。

MacBook Proも13インチと15インチがありますね。持ち運ぶなら13だと思いますが、15インチにはGPUがオンボードじゃないモデルがあります。Proのスペックを有する作業を日常的にするのであれば、この差はでかいような気がするんですよね。

まぁ、MacBook Proを所有したことはないのでよく分かんないですがw

何が言いたいかって言うと、13インチAir、13インチProって一見バランスよさそうだけど、それだけなんですよ。味がまあまあななんでもある定食屋みたいな。逆に11インチAir、15インチProはそれぞれ特化するものがあります。超美味いラーメン屋的なね。

とりあえずいろんな種類のある定食屋ももちろんいいと思いますが、通うならクッソ美味いラーメン屋がいい。僕は。

前置きが長くなりましたが、そんなことを考えている僕にとって新MacBookは究極の親子丼屋なわけです。

11インチのMacBook Airよりも軽くて小さいけど、12インチのRetinaディスプレイを搭載しています。僕的にはこれだけで十分買う理由になります。だってモバイル用だもの。

その結果、色んなポートがなくなってしまったのはしゃあない。それらを犠牲にしてでもこのサイズ、重量には意味があるような気がしますよ。


ってことでいろいろ考えたけどやっぱりMacBookが欲しいってことになったんです。

メインに使うには非力だし、万人に勧められるものではありませんけどね。

そうそう、Windowsノートもいいのがいっぱいありますが、僕はOS Xを使いたいのでその辺は察してくれればと思いますw

関連記事

ブログをフォロー

コメントを残す