Surface Pro 3を持ってるのにSurface 3が欲しい3つの理由

SUrface 3 and Surface Pro 3

Surface 3が発表されました。

Surface 3欲しい…Surface 3欲しくない?

でも僕、今Surface Pro 3を持っていますね?なのになぜSurface 3が欲しいのでしょう。ちょっと考えた

タイプカバーえ…からのオーバースペック感

買う前は、i5、メモリ8GB、SSD 256GBモデルにしてバリバリつかうぞー!と思ってました。

が、

タイプカバーが絶妙に使いづらいのです。

type-cover.jpg

普段からアイソレーションキーに慣れ親しんだ僕(の指)。あの形状は慣れるのに時間がかかりました。というか今でも(ry

そしてタッチパッド。これまたうーん…

Macのマジックトラックパッドに慣れてしまうと、他のには戻れない感じ。ブラウジング程度ならいいんですが、作業となるとマウスが必須だなと思うように。

でもタイプカバーじゃないの使うのはSurface感がなくなる…困った。

そうして、使用頻度が下がっていくわけです。完全にスペックを持て余してしまいました。

これさえあれば、何もいらない」とはなんだったのか。Mac miniがないとキツいわ。

だけどやっぱりSurfaceは好き

それでもSurfaceが好きなのにも、もちろん理由があります。

Surfaceは本体とキーボード(カバー)が分かれるので、いろんな使い方があるんです。

例えば、僕は写真が趣味なんですけど、撮った写真を取り込んでみんなに見せるのにとても向いてるんですよね。

Wi-Fiとかいろいろあるけど、量が増えれば結局接続して取り込んだほうが早いしUSBポートがあるのは当たり前に正義。

タッチディスプレイなので、タブレットのごとく写真を閲覧できてラクです。本体をいろんなひとでまわすときにキーボードなくせるのは重さの面でもいいと思う。

他にも、アニメ見ながら飯食いたいときはキーボード分のスペースが丸っとなくなるのでスペースを広くつかえるし、使わない時も机の端に立てて置けるのでスッキリ。

Windowsアプリの「提督業も忙しい!」も使えるし、普通にSurfaceペンも便利だし…

…とまぁかなり使える子ですよ。タイプカバーがアレなだけで。楽しめるデバイスという印象が強いなと感じましたね。

ブログ書いてるし文字を書く仕事もしてるので、長文をストレスなく入力できるかどうかってのは仕事に使うPCを選ぶ上でかなり重要なファクターだということに気づきました。ありがとうSurface Pro 3。

Surface 3という光

Surface 3

で、Surface 3なんですが。

さっき書いたように仕事とかでガンガン使うぞー!からエンタメ的使い方になったので、そんなスペックいらないんですよね。だったら少しでも軽くして、気軽に持ち運びたいなと思うようになったわけです。

Surface Pro 3からSurface 3にすると、重さが約200g軽くなります。この差は大きいのではないでしょうか。

しかも、インターフェースはSurface Pro 3と変わりません。USB 3.0のポートもあるしmicro SDスロットもある。Surface Pro 3でヘビーなことしない僕はこれでいいんじゃないですか!?

もともと、自分の使用環境の変化により、i3モデルにしてもよかったんじゃ…って感じになってたので、より安く、コンパクトになったSurface 3は、理想のSurfaceなんですよ、ええ。

Surface Pro 3を持ってるのにSurface 3が欲しい3つの理由

  • そんなにスペックいらんかった
  • でもSurfaceはとてもよい
  • というタイミングでのSurface 3発表

まぁ、欲しくなりますよねw

日本での発売のタイミングがいつかってとこもありますが、夏くらいに発売してくれるととても買いやすい。

なんとなくLTEモデルも気になるし、ああもう物欲がががw

関連記事

ブログをフォロー

コメントを残す