デロンギの電動ミル「KG364J」を買ったらコーヒーライフが超捗った

DeLonghi KG364J

以前から欲しかったデロンギのコーヒーグラインダー「KG364J」を購入しました。

豆を挽く時間が短縮されて、豆から淹れようと思うことが増えた気がします。捗る。

Delonghi KG364J

DeLonghi KG364J_1

KG364Jの定価は約1万円。新型MacBookを買ったときについたポイントを使って、2000円でゲットしました。手動のミルと同じぐらいの値段や!

DeLonghi KG364J_6

計量カップと掃除用のブラシが付属します。

DeLonghi KG364J_7

大きさはこれくらい。豆を入れるホッパーには250gの豆が入り、挽いた粉を受けるコンテナの容量は110g。挽く分の豆を都度入れてもいいですし、面倒な人は、あらかじめ豆をたくさん入れておいて飲みたい分だけ挽くというのもありです。

DeLonghi KG364J_3

上部にホッパーをセットしたら、白い丸を目盛に合わせて豆の粗さを調整します。エスプレッソ用の極細挽きからペーパーフィルター用の中細挽きまで14段階で調整できます。粗挽き〜中挽きはできないようです。

DeLonghi KG364J_2

豆を挽くときは、ツマミを豆の杯数に合わせる感じで。アナログ式のキッチンタイマーみたいな感じでジリジリとダイアルが回ります。

DeLonghi KG364J_5

電動ミルにもいろいろ種類があって、大きな違いでいうと豆の挽き方が違います。3,000円くらいで手に入るやつは、ミキサーみたいな刃(ブレード)が高速回転して豆を切り刻む感じ。上位機種になると臼にドリルみたいなのがついてて、豆を砕きます。こちらのほうが挽き具合にバラツキがないのです。

DeLonghi KG364J_4

粉を受けるコンテナには、粗さに応じた量の目安が書いてあります。

DeLonghi KG364J_8

セットした豆。どんどん吸い込まれていくのを見てるのが面白いです。

DeLonghi KG364J_9

あっという間に豆が挽けます。強い。粗さもばらつきがなくてよいっす。

DeLonghi KG364J_10

コンテナがプラスチックなので、どうしても静電気で粉が残ってしまいます。まぁこれは仕方ない。

最初のうちは、入れた豆とダイアルのバランスがわからずピッタリ挽くのが難しいですね。挽き残しがあったらダイヤルをちょいと回せばいいだけですが。逆に、ピッタリ挽けたときはなんとも言えない充実感があります。挽くのはマシンなんですがw

音は、ちょっと大きいかなってくらい。でもまぁモーター回ってるし豆をゴリゴリやってるし仕方ないよね。ドライヤーの音でかき消されるくらいって言えば分かりやすいでしょうか。多分こいつを置くテーブルなどの剛性によっても変わりそうです。

今まで僕が使っていたミルは、一度に2人分の豆しか挽けなかったので、それ以上淹れたいときも結構手間だったのです。こいつなら一度に5人分くらいを素早く一気に挽いてくれるのでとてもよい。

自分でゴリゴリ豆を挽く作業をしていた時間を考えると、かなり生活が豊かになった気がします。手で豆を挽いている時間も嫌いではないので、たまに手動でやってますけどねw

なんにせよ、この電動ミル買ってよかった!

DeLonghi コーン式 コーヒーグラインダー KG364J
DeLonghi (デロンギ)
売り上げランキング: 3,567

そうそう、Amazonではメリタの電動ミル「パーフェクトタッチII CG-5B」が4,000円という超お手頃価格で買えちゃうようです。こちらも臼式ですし、しっかり粗さも調整可能。これもなかなか良さそうですね〜。

Melitta 【電動コーヒーミル】 パーフェクトタッチII CG-5B
Melitta (メリタ) (2009-10-15)
売り上げランキング: 2,919

関連記事

ブログをフォロー

コメントを残す