Xperia Z3 Compactをprerooted.zipでLollipop&root化する方法

Xperia Z3 Compact So-02g A4 SO-04G ftf root Lollipop prerooted.zip

Xperia A4のftfを焼いてLollipop化させたXperia Z3 Compactですが、やっぱrootとりたいなってことで。

※ 作業は自己責任で。

必要要件

Xperia Z3 Compactでrootを取得していること。

まだの場合は以下の手順を参考に、D5803のftfを焼いてroot化させた後の作業になります。
Xperia Z3 / Z3 CompactをBootloader Lockedのままroot化する方法

必要なもの

手順

Xperia A4のftfからkernel.sinとsystem.sinを抜き出す

ftfと7za.exeを同じフォルダに置く。

Shiftキーを押しながら右クリックして「コマンド ウインドウをここで開く」を選択。

xperia-z3-compact-so-02g-prerooted-zip-lollipop-root_01

コマンドプロンプトが開くので、以下コマンドからkernel.sinとsystem.sinを抜き出す。

7za.exe e SO-04G_23.1.B.0.435_docomo.ftf kernel.sin
7za.exe e SO-04G_23.1.B.0.435_docomo.ftf system.sin

kernel.sinとsystem.sinがいます。

xperia-z3-compact-so-02g-prerooted-zip-lollipop-root_02

抜きだしたファイルをelf、ext4に変換

Flashtoolを起動し、Tools > Sin Editorを選択。

xperia-z3-compact-so-02g-prerooted-zip-lollipop-root_03

先ほど抜き出したsinファイルを選択し、「Extract data」をクリック。これをkernel.sinとsystem.sinで行う。

xperia-z3-compact-so-02g-prerooted-zip-lollipop-root_04

sinファイルがあるフォルダに「kernel.elf」と「system.ext4」ができます。

xperia-z3-compact-so-02g-prerooted-zip-lollipop-root_06

twrp_prerooted_Z1C_lollipop.zipに2つのファイルを加える

「kernel.elf」「system.ext4」とtwrp_prerooted_Z1C_lollipop.zipを同じフォルダに置き、コマンドプロンプトをここで起動。

xperia-z3-compact-so-02g-prerooted-zip-lollipop-root_05

以下コマンドでtwrp_prerooted_Z1C_lollipop.zipにkernel.elfとsystem.ext4を追加。

7za.exe a -tzip twrp_prerooted_Z1C_lollipop.zip kernel.elf
7za.exe a -tzip twrp_prerooted_Z1C_lollipop.zip system.ext4

twrp_prerooted_Z1f.zipを端末にコピー

先ほど作成したtwrp_prerooted_Z1C_lollipop.zipを端末にコピー。

リカバリをインストール

※ 既にリカバリがインストール済みであれば不要です。

端末をPCに接続。

Z3C-lockeddualrecovery2.8.18-RELEASE.installer.zipを解凍し、中にあるinstall.batを実行。1をタイプしてエンターキー押下。

処理が完了すればOK。

リカバリからtwrp_prerooted_Z1C_lollipop.zipをインストール

端末を再起動させ、ボリュームダウンキーをぽちぽちしてTWRPリカバリを起動。

twrp_prerooted_Z1C_lollipop.zipをインストールした後、Wipe Cash & Dalvik。

端末を再起動させれば完了です。

xperia-z3-compact-so-02g-prerooted-zip-lollipop-root_07

最後に、ric対策のためもう一度カスタムリカバリを導入します。先程同様Z3C-lockeddualrecovery2.8.18-RELEASE.installer.zipの中のinstall.batから。

これをしないとSystemパーティションのパーミッションを変更できないので、root化した意味があまりない感じになります。


手順を間違えなければサクッといけます。

root化してもおサイフ、ワンセグなど国内向け機能も死なないので、よいですね。

Xperia Z3 Compact SO-02G docomo [Green] 白ロム
Xperia Z3 Compact SO-02G docomo [Green] 白ロム
ソニー
5つ星のうち4.6
価格: ¥35,975(2015.06.20 時点)

関連記事

ブログをフォロー

12件のフィードバック

  1. おなまえ より:

    ちがいますよ。よく読んでください。自分でも引用してるじゃないですか。

    > ric対策のためもう一度カスタムリカバリを導入します。先程同様Z3C-lockeddualrecovery2.8.18-RELEASE.installer.zipの中のinstall.batから。

  2. 困りすがり より:

    最後に、ric対策のためもう一度カスタムリカバリを導入します。先程同様Z3C-lockeddualrecovery2.8.18-RELEASE.installer.zipの中のinstall.batから。
    これをしないとSystemパーティションのパーミッションを変更できないので、root化した意味があまりない感じになります。
    ここでまた
    リカバリからtwrp_prerooted_Z1C_lollipop.zipをインストール
    端末を再起動させ、ボリュームダウンキーをぽちぽちしてTWRPリカバリを起動。
    twrp_prerooted_Z1C_lollipop.zipをインストールした後、Wipe Cash & Dalvik。
    端末を再起動させれば完了です。
    これをやるんですか?install.batを実行させた後リカバリーに入ったあとどうすればいいのかわかりません。

  3. もりりん より:

    一つ教えてください。
    Xperia A4 SO-04Gのftfと同様に、先日リリースされたXperia Z3 Compact SO-02Gのlollipopなftfを使用しても、Lollipop&root化することはできるのでしょうか?

  4. さとう より:

    私もやまとさんと同じ状況になりました。
    TWRPリカバリからのインストールでzipファイルを選択すると
    E: Zip file corrupt!
    と表示され失敗します。
    D5803を焼いてからandroidのエラーを吐きまくってますがこれって正常ですか?

  5. 匿名 より:

    解決策がわかりました。
    設定>Xperia接続設定>USB接続設定のUSB接続モードを変えてみてください。
    私はそれで読み込みました。

  6. たなか より:

    同じ状況でしたが、SO-02GからD5803を焼く時に何もWIPEせずにカーネルとシステムだけ焼いたものだと行けました。

    ちなみに当方はPRFcreatorでftfにSuperSUだけ追加して、カーネルのみIncludeしたPrerootedを使いました。

    お役に立てば幸いです。

  7. 匿名 より:

    私もそれなりました…
    未だ解決策はわかりませんが、リカバリに入れたら認識したのでデータ転送するときはリカバリに入れてやっています。

  8. やまだ より:

    この手順でアップデートしたところ、deviceがUSBで認識すらされなくなったのですが…どのようにすればいいでしょうか?

  9. やまと より:

    prerooted焼く段階でエラーになりますがなにが解決策に解決策に心当たりあたりませんか?
    systemをRWでマウントできないようで、エラーになります。

    端末はSO02G、中身はD5803 rootedで、
    記事内の手順でprerootedつくってるつもりなんですが。。
    焼く前にTWRPでsystemをmountするようにチェックいれても外してもダメでして。

  10. 通りすがり より:

    Supersuはprerooted の直後でいいですかね?

    • でこい でこい より:

      すみません、ミスです。
      リカバリによるSuperSUのインストールは不要です。

コメントを残す