1万円で買えてそれなりに使えるファーウェイ「MediaPad T1 7.0」はサブ機に最適かもしれない

huawei-media-pad-t1-7-review

先日参加したイベントで「MediaPad T1 7.0」をいただきまして。

1万円くらいで買えるよ!ということで結構なめてたんですが、それなりに使えるやつでびっくりしている次第。

MediaPad T1 7.0 スペック

スペックはこんな感じ。

MediaPad T1 7.0
サイズ 191.8×107×8.5 mm
重量 278g
OS Android 4.4 KitKat
CPU Spreadtrum SC7731G 1.2GHz Quad Core
メモリ RAM 1GB / ROM 8GB
バッテリー 4,100mAh
ディスプレイ 7インチ WSVGA(1,024×600 px)IPS
カメラ メイン:2P / サブ:2MP

1万円と考えるとコスパはいい感じがしますね。解像度はすげえ低い。

MediaPad T1 7.0 外観

huawei-media-pad-t1-7-review_11

ディスプレイ面はロゴとかなにもないです。

huawei-media-pad-t1-7-review_01

裏側。アルミとプラのツートーン。アルミを使用することで高級感を出してるらしいけどこれじゃあプラで台無しなのでは?

huawei-media-pad-t1-7-review_02

右っ側はmicro SDスロット、ボリュームボタン、電源ボタン。

huawei-media-pad-t1-7-review_03

左側はなにもなし。

huawei-media-pad-t1-7-review_05

上部にはイヤホンジャックのみ。

huawei-media-pad-t1-7-review_04

下部はmicro USBポート。真ん中じゃないのがちょっと気になる。

huawei-media-pad-t1-7-review_06

スロットの蓋をあけるとSDカードがさせます。SIMは挿さらないです。

huawei-media-pad-t1-7-review_10

6.44インチのZ Ultraと比べてみる。一回りでかい。

huawei-media-pad-t1-7-review_09

手に持つとここう。まぁ片手で持てなくはないなという感じ。

使用感とか

huawei-media-pad-t1-7-review_07

解像度、低いです。高密度なやつに慣れてしまうとかなり粗く感じますね。ドットが普通に見える。画素密度は(逆に)驚きの160ppiです。

huawei-media-pad-t1-7-review_13

ブラウジングとかだと結構気になります。小さい文字だとつぶれますね。

huawei-media-pad-t1-7-review_08

ですが、ちょっと離れたとこから動画見るくらいならわりと平気っぽい。のんちゃーーん!

そうそう、GPSが使えるので、オフラインのマップなんかはいいんじゃね?と思います。ってことでセールで買ったMapFanを入れてみた。

huawei-media-pad-t1-7-review_12

Oh…使うにはSDカードで容量を拡張しないといけませんね。

あと、タップの反応がちょっと弱い感じがするので、アクションゲームとかには不向きな気がします。

解像度が低いのとバッテリーが結構でかいので、電池持ちはめっちゃいい。なにもいじらなければ1週間経ってもちょっと残ってるレベル。


値段相応な感じですが、やっぱ安いってのはでかいですね。サブとして持つ以外にも、親とかに渡したらそれなりに喜んでくれるのではなかろうかと思います。

ファーウェイ MediaPad T1 7.0
ファーウェイ MediaPad 7 T1-701w/ Silver Black Panel 53014650 T1-701W 53014650
ファーウェイ
価格: ¥10,778(2015.09.14 時点)

関連記事

ブログをフォロー

コメントを残す