3万円だけど外観へのこだわりがすごい「FREETEL REI」フォトレビュー

freetel rei_23

以前参加したFREETELのイベントがらみで、FREETEL REIをお借りしていますので、外観レビューなんかを。

FREETEL REI 外観レビュー

freetel rei_2

化粧箱。iPhoneとかXperiaに慣れてるとでかい。

freetel rei_3

鎮座しています。

freetel rei_5

本体、充電器、USBケーブル、取説、SIMピンが付属。

freetel rei_6

ディスプレイは5.2インチ。いわゆる格安スマホというのはHDが多いですが、FREETEL REIはフルHDです。

freetel rei_14

裏。アルミボディを採用したことで電波を通さないため、iPhoneのようなラインが入っています。ラインがiPhoneより細そいそうですが、あること自体が個人的にはマイナスポイント。だったらガラスとかでいいんだよなぁ…

freetel rei_10

サイド。電源ボタンとボリュームキー。

freetel rei_11

反対側はSIMトレイ。

freetel rei_12

下部はmicroUSBポートとスピーカー。

freetel rei_13

上部にはイヤホンジャック。

freetel rei_8

賛否両論あるFREETELボタン。ボタンの左右にキーはなく、このボタンだけです。

このボタンは、指紋認証機能の他に、タップで戻る、押下でホーム、二回押下でタスク、長押しでNow on Tapと、5つの機能があります。まぁ、普通に左右にボタンあったほうが便利だとは思う。

freetel rei_9

ベゼルに和柄が入ってるのは結構好き。

freetel rei_15

はい。カメラは出っ張ってます。こだわるならここも頑張ってほしかった。

freetel rei_18

今流行りの2.5Dのガラスです。まぁおしゃれ感はありますね。

freetel rei_19

SIMトレイはmicroSIMとnanoSIMが入るほか、nanoSIMの部分はmicroSDカードと兼用になっています。ROMが32GBとわりと多めなので、メイン使いでなければSDカードは不要かもしれませんが、あるに越したことはないかなと。

freetel rei_26

OSはAndroid 6.0 Marshmallowです。

最後に、FREETEL REIのスペックはこんな感じ。

OS Android 6.0 Marshmallow
SoC MT6753 Octa Core 1.3GHz 64bit
サイズ 145.8×71.5×7.2mm
重量 約136g
ディスプレイ 5.2インチ 1,920×1,080px(フルHD)
メモリ RAM:2GB
ROM:32GB
カメラ メイン:1,300万画素
サブ:800万画素
バッテリー 2,800mAh
カラー メタルブラック/メタルシルバー/シャンパンゴールド/ピンクゴールド/スカイブルー
価格 29,900円(税抜)

機能面はまた後で触れるとして、外観に関してはこれで3万円ならなかなか頑張ってるなという感じがします。

薄さをアピールしてましたが、それによってカメラが出っ張るなら少しぐらい厚くてもいいし、ダサいラインが入るなら無理にアルミボディにする必要はないな…ってのが個人的な感想ですが。

とはいえ、いろいろとこだわってるのは事実。基本ハイエンドな端末を使うことが多いので、メインとして使うかと聞かれるとなんとも言えませんが、サブで使うとか、そろそろガラケーからスマホにするか…という人には価格も安いしちょうどいいんじゃないかなぁと思います。

FREETEL REIの購入は公式サイトからどうぞ。
FREETEL(フリーテル)

関連記事

ブログをフォロー

コメントを残す