ゴリラガラス3で耐久性アップ!進化したiPhone 6s用ガラスフィルム「GLAS.tR S」レビュー

Spigen GLAStR S

Spigenのガラスフィルムの新製品である「GLAS.tR S」を購入したのでレビューします。

これはオススメできます。

Spigen GLAStR S_1

「GLAS.tR S」はSpigenのGLAS.tシリーズの最新作。ゴリラガラス3を採用することで、傷や衝撃だけでなく”曲げ”にも強いガラスフィルムになりました。

0.2mmとさらなる薄さを実現するほか、オレオフォビックコーティングにより本体の液晶よりも滑らかな指触りになっています。

Spigen GLAStR S_2

GLAS.tR S本体、クリーニングクロス、埃除去シール、ウェット・ドライシートが付属します。

Spigen GLAStR S_4

両端にツマミが付いているので位置合わせがしやすく、貼り付けの難易度も低いです。

Spigen GLAStR S_5

貼りました。

Spigen GLAStR S_8

以前貼っていたものより0.13mmほど薄くなっています。目で確認出来る薄さよりも、実際に触った時の触感の方が薄さを実感できます。エッジもラウンド加工されているので違和感は少なめ。

Spigen GLAStR S_6

ホームボタン部。ここが一番ガラスの端に触れる部分です。ほんのわずかな違いですが、やはりこの部分を触っていると薄さを実感します。よさ。

Spigen GLAStR S_7

上部はこんな感じ。


数百円で買えるガラスフィルムはたくさんありますが、いろいろ試した結果iPhone用に関してはこのGLAS.tシリーズに戻ってきました、それぐらい品質の高い製品だと思っています。

今回購入した「GLAS.tR S」は強度の向上もさることながら、実感できるレベルで薄くなっていて非常にいい感じです。

価格が2,790円と少々高いですが、それに見合った製品です。普通にオススメできます。

関連記事

ブログをフォロー

コメントを残す