開発、販売が終了してしまったスマートウォッチ「Pebble Time」を追加で購入した

pebble-time-black

Pebble Timeを購入しました。追いPebbleです。

この記事はガジェ獣 Advent Calendar 2016の14日目です。


Pebble Time購入の理由

スマートウォッチのPebbleシリーズを発売するPebble社は、活動量計のFitbitに買収されました。

これによって、Pebble社は公式サイトでのすべてのPebble製品の販売を中止しています。

さらに、今後登場するはずだったPebble Time 2、Pebble Coreもキャンセルされ、予約者への返金対応も行なっています。

そんなPebble Timeは、Pebble社買収という流れもあってかAmazonでの取り扱い価格が上がってきていました。

最初は友人から白を購入したんですが、黒が欲しいなぁと思っていたこと、たまたまAmazonで黒だけが安かったこと(11,000程度)もあり、ポチっとした次第です。

Pebble Time(Black)

pebble-time-black_1

本体は新品ですが、化粧箱は綺麗じゃなかった。

pebble-time-black_2

Pebbel Timeがこんにちは。

pebble-time-black_3

本体、充電用ケーブル、取説、ステッカーが付属します。

pebble-time-black_4

黒です。

pebble-time-black_7

ディスプレイは強化ガラス。タッチパネルではないので、左右についた4つのボタンで操作を行います。

pebble-time-black_8

厚さは10.5mmと、結構薄いです。

pebble-time-black_9

本体はプラスチック製。まぁチープなんですが、それがいいんですよ。

pebble-time-black_13

アプリを使ってさくっとセットアップを完了させます。

初期設定では言語で日本語を選択できないので、別途日本語化をする必要があります。

参考:Pebble Timeを日本語化する方法(Android・iOS) – でこにく

Pebble Timeはいいぞ。

pebble-time-black_6

僕はPebble Timeを今年の初めから使っていますが、非常にすぐれたデバイスだと思っています。

個人的に、スマートウォッチは通知を受け取ることができればいいという考えなので、特にアプリは入れていません。毎日のアラームと、たまにタイマーを使う程度です。

こういう使い方なので、電池持ちが良いのは正義です。普通に使って入れば4,5日に一回とかの充電で大丈夫です。僕はたまに通知がめっちゃくるので2,3日に一回ペースですがw

充電がなくなっても時間だけは表示してくれるPebbel Timeですが、過去に2回電池が完全に切れたことがあります。

その時はほんとPebbleに依存した生活をしていたなと実感しました。だいたいの通知をPebbelで受け取っているのでそれがないとLINEやTwitterの通知に気がつかないんですよ。通知が来る→Pebbleブルブルが当たり前になっていたわけですよ。まじでないと困る。

ガジェットには、存在することで生活が劇的に豊かになるものと、生活に馴染んで気づいたらそれがないとダメな身体になってしまうものの2つがあると思うんですが、Pebbleはまさに後者ですね。依存度がやばい。

また、元々の価格が他のスマートウォッチに比べて安価ということもあり、多少雑に扱っても平気で、防水性能もしっかりしているというのもよいですね。僕は銭湯にも普通に着けて入るし、そのままサウナに入ったりもしますが平気です(自己責任ですよ)。

安かった時はそれこそ1万円程度だったので、それに比べれば価格は上がってしまいましたが、まだ安い部類にはいると思います(新しいデバイスではないんですが)。オススメ。

相当な確率で「それ、Apple Watch?」とか言われますが、まぁそれでも話のネタにもなりますし。これはスマートウォッチ全般に言えることですがね。

現在はPebble Timeの黒が1.5万円。

Pebble Time Steelが約2万円。

Pebble Time Roundが約2.5万円。

Pebble Timeの価格がぐっと上がってきたことでPebble Time Steelとの値段差が…w

Pebble Time Steelの方がメタルボディなので本体の高級感もありますし、Pebble Timeより液晶が見やすくなっているので、この差ならPebble Time Steelをオススメしたいですね。正直ちょっと欲しいw

関連記事

ブログをフォロー

コメントを残す