MAMPを使ってMacのローカル環境でWordPressを動かすまでの手順

MAMPを使ってMacのローカル環境にWordPressをインストールしたので手順をメモ。

MAMPのダウンロード

MAMPのサイトにアクセスし、MANPアイコンの下の「Download」をクリック

mamp_1

以下の画面で使用しているOSを選択し、「Download」をクリック。

インストーラを起動したら、どんどん進んでいきましょう。

mamp_3

インストールが完了しました。

mamp_4

MAMPを起動したら、「Preferences」をクリックします。

mamp_5

ポートの番号を確認しておきましょう。

mamp_6

PHPタブで、phpのバージョンを設定できます。

mamp_7

メインの画面に戻り、「サーバを起動」をクリック

mamp_8

Apache サーバー、MySQL ServerのところにチェックがつけばOK

mamp_9

ブラウザが起動し、以下のような画面になります。

mamp_10

次に、phpが動いているか確認します。

ドキュメントルートは

/Applications/MAMP/htdocs

に設定されているので、そこにtest.phpを設置し、localhost:8888/test.phpへアクセスしてページが表示されるか確認します。

test.phpは適当でいいです。

mamp_11

WordPressのインストール

WordPressのダウンロードページからzipファイルをダウンロードして解凍、ドキュメントルート以下におきます。

mamp_12

データベースの設定をします。

localhost:8888/phpmyadminへアクセスし、左にあるNewをクリック。

mamp_13

データベース名を「wpdb」、照合順序を「utf8_general_ci」に設定して作成します。

mamp_14

localhost:8888/にアクセスし、「さあ、始めましょう!」からWordPressのセットアップをします。

mamp_15

データベースの設定は以下のような感じで。

mamp_16

インストールを実行。

mamp_17

最後にタイトル等を入力。

mamp_18

管理画面へアクセスできました。めっちゃ簡単!

mamp_19


テーマいじったりとか、ローカルでちゃちゃっと確認できて便利だなぁと思いました(小並)

関連記事

ブログをフォロー

コメントを残す