このサイズは革命的!SAMSUNG GALAXY Note SC-05D

f:id:decoy284:20120513191850j:image:w500

(」・ω・)」じー!(/・ω・)/のーと!

どうも、でこいです。

国際版が出たときから欲しかったGLAXY Noteを購入しました。


値段はMNP新規で一括29800円でした。
毎月の料金もモリモリの月々サポートのおかげで1000円程度です。

10日ほど使ってみたので感想とか

■フリップカバーいい感じ
f:id:decoy284:20120502154909j:image:w500

付属のフリップカバーが非常に良いです。
iPadのスマートカバーのようにディスプレイにフタをするもので、
リアカバーを外してつけるタイプなので、フタの分しか厚さは増えません。

f:id:decoy284:20120513192214j:image:w500

また、近接センサーを利用したアプリを使うことでiPadのようにフリップカバーの
開閉で起動/スリープができます。

■いろいろデカい
f:id:decoy284:20120513193611j:image:w500

画面サイズは5.3インチ、解像度は1280×800px。
デカい、とにかくデカい!
片手での操作なんてほとんどできないので割り切って両手でしか操作していません。
ブラウジングとかなら全然できますけど、あえて両手です。

有機ELディスプレイを採用しているので発色は鮮やかです。
しかし、晴れた日の屋外だとほとんど見えません!
これは仕方のないことですね…

また、バッテリーの容量は驚きの2500mAh。
Xperia rayが1500mAhなのでかなり大容量です。
テザリングが利用できるのでルーターとしては(サイズ以外は)優秀なのかもしれません。

■Sペンがいい感じ
f:id:decoy284:20120513192148j:image:w500

Sペンによる操作がなかなか快適です。
ボタンを押しながらの動作で以下の操作ができます。

1.Sメモの起動
ダブルタップでどんな画面にいてもSメモを起動できます。
その際、メモを非表示に出来るため画面を見ながらメモをとることができます。
これがなかなか便利!

2.スクリーンショット
ロングタップでスクリーンショットを撮ることができます。
スクリーンショットはそのまま編集や共有などができるので便利ですね。

3.メニューと戻る
上にスワイプでメニューの表示、左にスワイプで戻る操作ができます。
Sペンではタッチボタンの操作ができないので痒い所に手が届く機能です。
もっとも、空いている指で操作をすればいいだけのことではありますが…w

このように、ほとんどの操作をSペンで完結できるので使い勝手は非常に良好です。

■Xi
住んでいる寮がなんとエリアに入っていました!
しかし、室内は無線LANがありますし、外へ出ればほとんどの場所がエリア外です…
そこで、電池の消費を抑えるためにもLTEをオフにしました。
~方法~
電話を開き*#2263#と入力。

f:id:decoy284:20120513194545p:image:w320

するとこのような画面に変わります。
そして[2]WCDMA Band Preference→[6]WCDMA ALLを実行すると
LTE通信がオフになります。
元に戻したいときは*#2263#のあとに[1]Automaticを実行します。

—–

性能はさすがGLAXY、という感じで全体的に動作がスムーズで申し分ないです。

メインでiPhoneを使用しているので使用頻度は高くないですが、
ゲームや動画再生にはなかなかいい感じです。

この今までなかったサイズが意外としっくりきますね。
これは長いこと使えそうです。

『Android』カテゴリの人気記事