【GALAXY Note】 root化→不具合発生→リカバリ→再root

f:id:decoy284:20120519085443p:image:w500

 

三度の飯よりガジェットが好き。

 

どうも、でこいです。

 

ノーマル環境のGNoteを2週間ほど堪能したのでroot化したらなんか不具合が発生してしまい、リカバリして再びroot化しました。
いい機会なのでroot化とリカバリの方法を紹介します。

 

※本記事はroot化を推奨するものではありません。カスタマイズ等により不具合が発生しても対応は出来ませんので自己責任でお願いします。

 

 

■root化

 

以下の3つをダウンロード。

 

Tegrak-Kernel-Build-32-for-SHV-E160S-FA09.recovery.tar

Superuser-3.0.6-efgh-signed.zip

Odin3-v1.85.zip

 

PCとGLAXY Noteを接続し、Superuser-3.0.6-efgh-signed.zipを入れます。
ファイルを入れたらUSBを外し電源をOFF。

 

次にOdin3-v1.85.zipを解凍。

 

中のファイルはこんな感じ。

f:id:decoy284:20120519030336p:image

 

Odin3-v1.85.exeを起動。
PDAをクリックし、Tegrak-Kernel-Build-32-for-SHV-E160S-FA09.recovery.tar を選んで準備完了。

f:id:decoy284:20120519030334p:image:w600

 

GALAXY NoteとPCを接続。

 

ボリュームダウンボタンとホームボタンを押しながら電源をON。
ブルッとしたら電源ボタンを離す。

 

警告画面が出るので覚悟が決まっていればボリュームアップボタンを押す。

 

するとダウンロードモードで起動してこんな画面になります。

f:id:decoy284:20120516183657j:image:w600

 

Odinを見てみると端末を認識してこのような画面になっています。

f:id:decoy284:20120519030333p:image:w600

 

勇気を振り絞ってStartをクリック。

 

覚悟と勇気とは裏腹にいともあっさり処理が終了。

f:id:decoy284:20120519030331p:image:w600

 

処理の終了とともに端末が再起動されるので、USBを外して電源OFF。

 

今度はボユームアップボタンとボリュームダウンボタンを同時に押しながら起動。
ブルッとなったら電源ボタンを離す。

 

今度はリカバリモードで起動します。

f:id:decoy284:20120516185723j:image:w600

このときの操作はボリュームボタンで上下選択、ホームボタンor電源ボタンで決定となっています。

     

  • Iinstall zip from sdcardを選択。

Superuser-3.0.6-efgh-signed.zip を探し出してインストール。
EXITで端末を再起動させます。

f:id:decoy284:20120516185800j:image:w600

 

するとアプリドロワーにSuperuserがいます。

f:id:decoy284:20120519030421p:image:w320

 

これでroot化は完了!

 

<PCが端末を認識しない場合>
ここのソフトウェアからKiesをダウンロードしてインストール。
コレでドライバがインストールされ認識してくれるはずです。

 

■リカバリ

 

ここから純正リカバリイメージをダウンロード。

 

解凍すると2つのファイルができるので、root化の時と同様にダウンロードモードで起動しodinでSC05DOMOMLCE_SC05DDCMOMLCE_SO05DOMOMLCE_HOME.tar.md5を焼きます

 

usbを外して電源OFFの後リカバリモードで起動。
factory resetとcache clearを実行し再起動。

 

以上で完了です。

 

root化は非常に便利ですが思わぬトラブルが起こったりするので、それに対処する方法を探しておかなければいけませんね。

 

『Android』カテゴリの人気記事