【Xperia ray】SO-03C ISC化の後は…

 

どうも、でこいです。

 

 

先日Xperia rayをICS化しましたが、その後にちょこちょこと弄ったので紹介します。

 

 

 

※僕はファイルの移動をコマンドで行なっていますが、root Explorer等のアプリでももちろん可能です。

 

■フォントの変更

 

ICS化した段階では美しくない中華フォントになってるのでフォントを変えちゃいます。

 

僕はモトヤLマルベリ 3等幅 フォント (MTLmr3m.ttf)を導入しました。

 

/system/fontsにコピー。

 

パーミッションを644に変更。

 

 

■SO-03Cへの偽装

 

2chのロダからbuild.propをダウンロードして/systemにコピー。

 

パーミッションを644に変更。

 

これを追加することでSO-03Cに偽装しています。
これによりSPモードの通信やXperia CWM Auto-InstallerによるCWMのインストールが可能になります。

 

端末情報を見るとこのようになっています。

f:id:decoy284:20120604011914p:image:w320

 

 

■SPモードメールのプッシュ受信

 

SPModePushNotifier.apkをダウンロード。

 

/system/appにコピー。

 

パーミッションを644に変更。

 

これでSPモードメールをプッシュで受信できるようになります。(動作は未検証です…)

 

 

■docomo絵文字の追加

 

libemoji_docomo.soを見つけて/system/libにコピー

 

パーミッションを644に変更。

 

そしてbuild.propに
ro.config.libemoji=libemoji_docomo.so
の1行を追加します。

 

これでdocomoの絵文字が使えるようになります。
libemoji_docomo.soはGALAXY系のものを使うと文鎮化してしまうので、必ずXperia系のものを使用してください。
端末を持っていればそれから吸い出すのもいいかもしれません。

 

—-

 

僕はXperia rayを通話専用で使用しているのでこれらを行う意味はあまりないのですが、できることはとりあえずやろうということでやってみました。
でもこれでSIMを挿し変えてもちゃんと使うことができます。

 

 

まだやりたいことはあるのですがいかんせん時間が…
暇を見つけて弄ろうと思います。

『Xperia ray』カテゴリの人気記事