iPhone文字入力のすゝめ

あの「Apple」が販売している「iPhone」…あれ……初めて見たとき…なんていうか……その…下品なんですが…フフ………
フリック……しちゃいましてね……………

どうも、でこいです。

iPhoneを使っている人なら誰でもやっているであろう事。
そう、文字入力ですね。

その文字入力の際に覚えておくと便利かもしれないTipsをご紹介。

※スクショ多めです

・ピリオドの簡易入力

設定>一般>キーボード
から「ピリオドの簡易入力」をオンにします。

こうすることでスペースバーをダブルタップした時にピリオドとスペースが入力されます。

英語で入力することが多い人には便利ですね。

・フリック入力の方式の切り替え

日本のケータイ事情を支えていると言っても過言ではない日本語テンキー。
これには2通りの機能があります。

ひとつはいわゆる携帯打ち。
「あ」を3回押すと「う」になるやつ。
もうひとつはフリック。
「あ」を3回押すと「あああ」になるやつ。
「う」なら上にフリックですね。
フリックに慣れていれば結構便利だと思います。

設定>一般>キーボード>各国のキーボード>日本語(テンキー)
からソフトウェアキーボード配列を「フリックのみ」に変更するだけ。

これでフリックのみの設定になります。

・シェイクしてキャンセル

長い文字を入力していて、それをなかったことにしたい時、iPhoneをシェイクしてみてください。
すると「取り消す-入力」というメニューが現れます。

これで綺麗さっぱり削除されます。

・大文字アルファベットの連続入力

設定>一般>キーボード
から「Caps Lockの使用」をオンにします。

すると、shiftキーをダブルタップした時に連続で大文字アルファベットを入力することができます。

shiftキーの色が変わるので分かりやすいです。

・二本指タップで一段落を選択

テキストを二本指でタップすると、一段落をまとめて選択することができます。

長押しからのドラッグよりも手軽です。

・二本指タップで長押し

二本指で長押しした範囲を選択することができます。

これで複数の行をまとめて選択できます。
結構便利。

・似たような文字の入力

英語フルキーボードで、キーを長押しすると似たような文字や関連する文字を入力することができます。

使いどころが多いかは分かりませんが、こんなのもあるんだよ程度に。

・「.net」や「.co.jp」などの素早い入力

アドレスを入力する時に出てくるキーボードで「.com」を長押ししてみて下さい。

こんな感じで出てきて入力できます。
たまーに便利と感じますね。

・数字のあとにすぐ英語を入力

これは英数混じったパスワードを入力する時に便利です。
「abc0d」を入力したいとします。
まずはふつうに「abc」と入力。
次に「0」を入力するためにキーボード切り替えのキーを押すんですが、このとき指を離さずに目的の数字まで指をスライドさせます。

するとあら不思議!キーボードが英語に戻ってるではありませんか。
あとは「d」を入力して完了です。

これはなかなか便利です。
ちなみに数字>英語でも同じようになります。

・連絡先のユーザ辞書的利用

「@gmail.com」みたいなのって入力するの面倒ですよね。
こういう時に便利なのがユーザ辞書なんですが

関連記事

ブログをフォロー

コメントを残す