アメリカでAT&TのプリペイドSIMをSIMフリー化したiPhoneに挿して使ってみた

I’m in America!

どうも、でこいです。

訳あって現在アメリカにいます。カリフォルニア州のサンノゼ、シリコンバレーです。

先日GEVEYを購入したのは、この地で快適なモバイル環境を手に入れるためだったのです。

現地SIMについて

とりあえずiPhoneに挿れるSIMカードを調達しなくては行けません。

AT&Tというキャリアは短期間利用のためのプリペイドSIMを発行しています。
プリペイドなのでチャージした分だけ使えます。追加請求とかないから安心ですね。

AT&TのプリペイドSIMのプランは以下の通り。

https://www.att.com/shop/wireless/plans/prepaidplans.html

データ通信を行うには「data package」を購入する必要があるので、$50か$25のプランを選択する必要があります。

$50のプランは通話が無制限で、$25のプランは通話が250分までです。

国内で通話することはほとんどないと思うので$25で十分だと思います。

data packageは

  1. 1Gで$25
  2. 200Mで$15
  3. 50Mで$5

の3つの選択肢があります。

$10の差しかないので1Gにするのが無難でしょう。

てことで$25 monthly plan + $25 data packageで契約することに!

AT&TショップでプリペイドSIMカードを購入

購入するところはもちろんAT&Tショップです。

ショップに行くと、きれいなお姉さんに声をかけられました。

「プリペイドのSIMカードが欲しいんだけど…」
というと
「OK.手続きするから10分ぐらい待ってて」と言われ、ぶら下げているiPadに名前を入力して待ってました。
待っているとアジア系の顔したお兄さんがきて
「SIMカードが欲しいんだって?」みたいなこと言ってきました。
そこから手続き開始。

始めに普通のサイズのSIMを見せられたので、ちっちゃいのにしてくれと言うと、ショップの奥の方から持ってきてくれました。

基本的にやり取りはPCの画面を見せられて指差して伝える感じでだったのでそこまで難しくもなく。
「アンロックされてるスマホだと保証はできないよ?」的なこと言われましたが、気にしなくてもおーけー。

iPhoneに挿入してAPNを設定

ここからが本番

先日購入した下駄を利用して設定を進めていきます。

APN設定は、プロファイルを作成してくれる非常に便利なページがあったのでそこを利用しました。

https://www.unlockit.co.nz
上のページにiPhoneでアクセスします。 (Wi-Fi環境が必須です)

Create APNをタップ

「Country」は「United States」になっていたので 「Carrier」は「AT&T」にします。(AT&Tは他にも出てきますが、括弧なしのものを選びます)

Create APNをタップするとプロファイルのインストールページに遷移するのでインストールします。

これで使えるようになります。

 

初めはずっと繋がらなかったのですが、データローミングをオンにしていなかったのが原因だったようです。(多分…)

モバイル環境さえ手に入れればマップも見れるし翻訳も使えるし…
一人でいろいろできそうです。

『モバイル』カテゴリの人気記事