「どこでも My Mac」を使って複数台のMacでファイル共有・画面共有をする方法

どこでも My Mac ファイル共有 画面共有

母艦とサブで複数台のMacを持っている人は少なくないと思います。

片方のMacで作業している時に「あ、あのファイルはあっちのMacにあった…」みたいな経験はありませんか?

一度でもそういう経験があるなら、「どこでも My Mac」を使ってファイル共有・画面共有ができるようにしておくとかなり捗りますよ。

ファイル共有・画面共有の設定をする

まずはファイル共有と画面共有の設定をします。設定した側のMacを共有されることになるので、各々のMacでこの設定をしましょう。

どこでも My Mac ファイル共有 画面共有

システム環境設定を開き、「共有」をクリック

どこでも My Mac ファイル共有 画面共有

「ファイル共有」にチェックを入れます。

共有するフォルダを設定したり、ユーザーごとのファイルの読み/書きの設定もここから行いますよ。

どこでも My Mac ファイル共有 画面共有

画面共有をする場合は「画面共有」にチェックを入れます。アクセスを許可するユーザーもここで設定。

「どこでも My Mac」の設定をする

一つのApple IDで複数のMacを使っている場合は、「どこでも My Mac」の設定をすると簡単にリモートで接続することができます。

どこでも My Mac ファイル共有 画面共有

システム環境設定を開き、「iCloud」をクリック。

どこでも My Mac ファイル共有 画面共有

「どこでもMy Mac」にチェックを入れればOK。

「どこでも My Mac」を使ってファイル・画面を共有する

どこでも My Mac ファイル共有 画面共有

Finderの共有セクションに、共有されているMacが表示されます。

自動で接続されない場合は、「別名で接続する」をクリックします。パスワードを求められたらアカウントのパスワードを入力しましょう。

どこでも My Mac ファイル共有 画面共有

ファイル共有ができました。超簡単です。

どこでも My Mac ファイル共有 画面共有

画面共有するときは「画面を共有」をクリックします。

どこでも My Mac ファイル共有 画面共有

このように、接続先のMacの画面が表示されます。

こいつのすごいところは、別々のMacの画面上でファイルのドラッグアンドドロップが行えたり、テキストなどのコピーが共有されるところ。

まぁファイル共有で接続先のMacのファイルが見れるわけなんですが、直感的にそういうやりとりができるのはめっちゃ便利です。


複数台のMacを持っているなら、設定しておくと非常に便利な「どこでも My Mac」のお話でした。

『Mac』カテゴリの人気記事