アンダー3万円で買えるわりにデザインがいい感じなファーウェイP8 liteフォトレビュー

huawei P8 lite ファーウェイ レビュー

先日参加したファーウェイの「P8 lite」「TalkBand B2」タッチ&トライイベントでモニターとしていただいたP8 liteの外観レビュー。

3万円以下にしてはなかなかデザイン頑張ってる感じの端末です。

huawei p8 lite review_05

箱を開けるとビックリ。なんと縦に収まっています。

huawei p8 lite review_02

microUSBケーブル、イヤホン、ACアダプタ、SIMピンが付属します。

huawei p8 lite review_03

本体カラーはブラック、ホワイト、ゴールドがありますが、今回はブラックをいただきました。

huawei p8 lite review_09

本体上部にはイヤホンジャック。

huawei p8 lite review_06

下部中央にmicro USBポートが配置されています。

huawei p8 lite review_10

サイドにはボリュームキー、電源ボタン、nanoSIM兼micro SDスロット、microSIMスロット。

huawei p8 lite review_07

反対側はボタン類はなくスッキリ。

huawei p8 lite review_04

そうそう、最初から保護フィルムが貼られていました。

huawei p8 lite review_08

背面にはファーウェイロゴが。

huawei p8 lite review_01

プラスチック筐体ですが、ヘアライン加工がされていてあまりチープな感じはしません。ただ、サイドの金属フレームの質感はいまいちかなって印象。とはいえ価格を考えるとまあ納得かなという感じでしょうか。


以前の記事でも書きましたが、3万円を切る価格ながらもオクタコアプロセッサを搭載していますし、デザインもそこまで安くさい感じもありません。5インチのディスプレイを持ちやすいサイズの中に収め、片手モードも搭載していたりと普通にバランスいい端末だと思います。

mineoのSIMカードが届いたら普段から持ち歩いて使ってみようかな。