MacでUS配列のキーボードを日本語環境で快適に使うための設定

mac-us-keyboard-japanese-setting

先日からWireless Keyboardが不調でして。

知人にHHKBというちょっといいキーボードを借りたんですが、まさかのUSキーだったので設定をみなおして使いやすくすることに。

日本語入力切り替えがダルい

キー配列の問題もありますが、なによりも面倒なのは日本語入力切り替え。JISキーだと当たり前にある英数/かなキーがUSキーにはありません。

mac wireless keyboard

どうやって日本語入力切り替えを行うかと言うと、Command + Spaceなんですね。めんどくさい…

というわけで、アプリを使って簡単に入力切り替えできるようにします。

Karabinerを使って左右Commandキーで入力切り替え

使うアプリはKarabinerCommand + Qの誤爆からも救ってくれるアプリです。

Change Key内の「コマンドキーの動作を優先モード」にチェックを入れるだけ。v1とv2がありますがお好みで。他のキーを離す前にコマンドキーを離した場合にどうするかが違います。

mac us keyboard karabiner

この設定を行うことで、左右のCommandキーが英数/かなキーとして機能し、さらにコピーやペーストなどキーボードショートカットもそのまま利用できるようになります。

Command + Spaceで入力切り替えを無効化する

左右のCommandキーで入力切り替えができるようになったので、「Command + Space」での切り替えは不要になりました。

システム環境設定からこれをオフにしましょう。

システム環境設定 > キーボード > ショートカットタブの入力ソース「Command + Space」が割り当てられているところのチェックを外せばOK。

mac keyboard setting


USキーのメリットデメリットなどいろいろあると思いますが、僕はとにかく記号配置が全然違うのに慣れるのが大変という感想です。でも括弧が隣り合ってるのでそこは便利だと思いますね。

あと、無刻印かつ慣れない配列だとマジでむずい。キーボード自体はとてもいい感じですが。

とりあえず早くキーボード発売されてくれ。

Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/B
Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/B
アップル
5つ星のうち4.0
価格: ¥5980(2015.09.19 時点)

『Apple』カテゴリの人気記事