【Mac】Command + QでChromeが終了して全タブ閉じてしまうのを避ける方法

mac-chrome-command-q

Macの、アプリケーションを終了させるショートカットキーであるCommand + Qですが、わりとCommand + Wと間違えて押しがちです。

Chromeを使ってる場合一気にタブが閉じてしまって悲しいことになるので、アプリケーション終了のショートカットを変更して対策しておきましょう。

キーボードの環境設定からショートカットを変更

環境設定 > キーボードと進みます。

mac-chrome-command-q_1

ショートカットタブに移動し、アプリケーションの項目のところで「+」をクリック。

mac-chrome-command-q_2

アプリケーションをGoogle Chromeにし、メニュータイトルに「Google Chrome を終了」と入力、キーボードショートカットは任意のものを入れて、「追加」をクリック。

mac-chrome-command-q_3

こんな感じになればOK。

mac-chrome-command-q_4

終了する前に警告メッセージがでる

この方法でショートカットを変更すると、メニューバーに「終了する前に警告メッセージを表示」が追加されます

mac-chrome-command-q_5

チェックを入れると、ショートカットを押した時に画面に一度確認がでて、同じショートカットを2回入力しないと終了しなくなるので結構便利です。

mac-chrome-command-q_6


macOS Sierra以前はKarabinerからいじることができましたが、それができなくなった今、この方法がベターなんじゃないでしょうか。

『Mac』カテゴリの人気記事