ソニー、Xperia XZsを発表。Motion Eyeカメラ搭載、RAMが4GBへアップ

ソニーモバイルがXperia XZsを発表しました。

5.2インチフルHDディスプレイ、SnapDragon 820などはXperia XZと変わりませんが、Motion Eyeカメラを搭載し、カメラ性能が大きく向上しています。

カメラがちょっと進化しただけのXperia XZs

Xperia XZsは5.2インチのフルHDディスプレイを搭載したスマートフォン。

Snapdragon 820、32GB/64GBのストレージなどはXperia XZと変わらずですが、カメラがXperia XZ Premiumと同じ、メモリ積層型CMOSイメージセンサーを採用した「Motion Eye」になっています。

画素数こそ2,300万画素から1,900万画素になっていますが、最大960fpsのスーパースローモーション撮影が可能。

また、メモリも3GBから4GBに増えています。

カラーはアイスブルー・ウォームシルバー・ブラックの3色展開。

まぁXperia XZから乗り換えるほどではないですね…

Xperia XZsのスペック

Xperia XZsのスペックは以下のとおり

OS Android N
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 820 64-bit クアッドコア
GPU Adreno 530
メモリ 4GB RAM
ストレージ 32GB(シングルSIM)/ 64GB(デュアルSIM)
最大256GBのSDカードをサポート
ディスプレイ 5.2インチ フルHD (1,920×1,080px)
メインカメラ Motion Eye
19MP 1/2.3センサー Exmor RS メモリ積層イメージセンサ
Predictive Hybrid Autofocus
最大960fpsのスーパースロー撮影
5軸手ぶれ補正
4K撮影
インカメラ 13MP 1/3.06センサー Exmor RS for mobile
広角22mmレンズ
ISO6400
F2.0
バッテリー 2,900mAh
サイズ 146 × 72 × 8.1 mm
重量 161g
カラー アイスブルー・ウォームシルバー・ブラック
防水・防塵 IP65/IP68

プレスリリース(pdf)

『Xperia』カテゴリの人気記事