超小型プロジェクター「Smart Beam Laser」レビュー コンパクトなのに明るく大画面に投写できてよいぞ

SK Telecom社の小型レーザープロジェクター「Smart Beam Laser」をお借りしたので紹介します。

これめっちゃ欲しいやつだ…


drip

「Smart Beam Laser」の外観を見てみる

早速外観をチェックしていきませう。

ハコ。すでになんかいい感じなのがお分かりでしょうか?

ドーーン。本体は、5.5cm四方の正方形です。あ、オシャレ奴。

手に持ってみるとこのとおりコンパクト。光源はレーザーらしい。

正面にはレンズがあります。セルリアンに見えないこともない(見えない)。

サイドにはスピーカーと充電用のmicro USBポート。ええ、モバイルバッテリーで充電できますよ、彼。

なお、内蔵バッテリーは4,200mAhで約2時間ほど動作します

背面にはスピーカーです。

逆サイドはスピーカーとHDMI/MHLのポート。無線でも有線でもいけます。ハイブリッドです。

上部はスピーカーと電源ボタン。

物理的なスイッチは実質この電源ボタンのみ。ザ・シンプルって感じでとてもよいですね。すきです。

実際に投影してみる

プロジェクターということで、投影せにゃ意味がないですよね。

電源ボタンを長押しすると、ホーム画面的なものが映し出されます。明るいのでちょっと見えづらいですね。

レンズは水平より上方向に投影するので、テーブルや床に直置きしてもそれなりに使えます。

電気を消しました。結構くっきり見えます。明るさは100ルーメンで、明るさ足りないなぁとか感じることはなかったですね。

ちなみに、解像度は720p(1280×720)です。まぁこのサイズなら十分でしょう。

iPhoneとAir Playでダイレクトに接続して画面をミラーリングさせてみました。

Wi-Fiでこのプロジェクターと接続して、Air Playのミラーリングをオンにするだけです。あら便利。

Androidの場合はMiracastで接続ができます。他にも、P2PでiPhoneとプロジェクターをWi-Fiに接続してミラーリングしたり、Macと接続してミラーリングや外部ディスプレイとしての使用も可能です。小さいのに多機能。

HDMI・MHLケーブルで有線接続すれば遅延も少なくなります。

Youtubeの動画を観てみました。スピーカーは6段階で音量調整が可能ですが、ボディが小さいので音質もそれなりです。

投写する画面のサイズは20〜100インチと、これまたボディの割に大きく投影することができますね。

レーザー駆動LCOS技術とかいうやつのおかげでオートフォーカスなので、ピントを合わせる必要がなく、さらに段差があったり湾曲している場所でも全てにちゃんとピントがあいます。すごいぜ。

専用アプリを使うと、台形補正や音量調整、オートオフタイマーの設定、ファームウェアアップデート等々が可能なので、しっかり使おうと思ったらアプリをDLしたほうがいいですね。

「Smart Beam Laser」の仕様

画像とともにだだーっと説明してしまったので、あらためてスペックを。

光源 Laser
投写方式 レーザー駆動LCOS技術
レンズ寿命 最低10,000時間
明るさ 60ルーメン
フォーカス方式 オートフォーカス
解像度 720p(1280×720)
投写距離 約20〜100cm
投写サイズ 約20〜100インチ
ビデオ入力 HDMI(micro)/MHL/AirPlayMiracast/DLNA
使用周波数 802.11 b/g/n(HT:20MHz):2412〜2472MHz
802.11 a:5180〜5240MHz
スピーカー出力 モノラル 1.0W
バッテリー容量 4,200mAh
使用時間 約2時間
充電時間 約4時間
動作温度 10〜40℃
サイズ 5.5×5.5×5.5cm
重量 195g

サイズ、重量を考えるとなかなかに優秀なスペックじゃないでしょうか。

どこでも使える携帯性としっかり写せる投写能力がよい

軽く使ってみただけですが、それでも「これはいいものだ」というのが分かりました。

このサイズと重量なのでカバンの中に放り込んでおけるし、バッテリー内蔵だから場所を選ばない。正方形なので真上に投写するのもラクです。

家で使うのももちろんいいけど、キャンプなんかに行った時にテントの中で使えばもう最高なんじゃなかろうかと思うわけです。凝った使い方をするならば、どこでもピントが合うのを活かしてプロジェクションマッピング的なこともできたりしますよ。

動作時のファンの音がちょっと気になりますが、プロジェクターなんて大体そんなもんですしね。

あとは、ちょっとお値段がお手ごろとは言えないところくらいがネックですかね…

でも同時に、性能を考えたら妥当な価格だなと思うくらいホントこいつはいいモノですよ。


drip


drip

関連記事

ブログをフォロー

コメントを残す