iOS 10でもTweetbot 4で4G/LTE環境でのストリーミングを有効にする方法【脱獄不要】

Tseetbot 4 4G LTE ストリーミング iOS 10

iOS 10でも、Tweetbot 4でモバイルネットワーク環境でのストリーミングを有効にする方法を紹介します。

※ファイルの書き換え、端末のフルリストアを含むので自己責任でお願いしますね。

準備

まずはiBackupbotをダウンロードしてインストール。

http://www.icopybot.com/itunes-backup-manager.htm

iPhoneで、設定 → Apple ID → iCloud → iPhoneを探す から、「iPhoneを探す」をオフに。

Tseetbot 4 4G LTE ストリーミング iOS 10

iPhoneをPCに接続し、iTunesでバックアップをとります。この時、バックアップの暗号化のチェックを外します。

Tseetbot 4 4G LTE ストリーミング iOS 10

LTEストリーミングを有効にする手順

iPhoneをPCに接続した状態でiBackupbotを起動。

バックアップファイルのツリーで、User App Files/com.tapbots.Tweetbot/Library/Preferenceの「com.tapbots.Tweetbot4.plist」をダブルクリック。

Tseetbot 4 4G LTE ストリーミング iOS 10

ダイアログはキャンセルでOK。

Tseetbot 4 4G LTE ストリーミング iOS 10

以下の、ストリーミングを有効にするキーを追加し左上のフロッピーディスクのアイコンをクリックし保存、ファイルを閉じます。

Tseetbot 4 4G LTE ストリーミング iOS 10

「com.tapbots.Tweetbot4.plist」の入っている「Preference」ファイルを右クリックし、「Restore to device」を選択。

Tseetbot 4 4G LTE ストリーミング iOS 10

Full RestoreでOK。

Tseetbot 4 4G LTE ストリーミング iOS 10

端末がフルリストアされるのを待ちます。10分ちょっと時間がかかりますが待ちます。

Tseetbot 4 4G LTE ストリーミング iOS 10

端末が再起動すれば完了。

Tseetbot 4 4G LTE ストリーミング iOS 10

この通り、LTEでもストリーミングが有効になっています。

Tseetbot 4 4G LTE ストリーミング iOS 10


iOS 10からiBackupbot側の問題で、以前の方法ではモバイルネットワーク環境でのストリーミングが有効にできませんでした。

フルリストアということなので若干ハードル高めですが、快適なTwitterライフを手に入れられるなら安いもんですね。

関連記事

ブログをフォロー

コメントを残す