Twitterの乗っ取りに注意!アプリ連携を見直そうぜ

Twitter 乗っ取り 対策 アプリ連携

Twitterを見ていると数日に一回くらいTwitterを乗っ取られてる人を見かけます。

最近だと「めっちゃブロックされてたwww」みたいなやつ。

見るたびに、あー、Twitter乗っ取られてるなって悲しい気持ちになります。

自分でできる乗っ取り対策もあるので、今一度設定を見直そうねと言うお話です。

Twitterの乗っ取り対策にアプリ連携を見直そう

Twitterで乗っ取り被害に遭ってる人は、大抵ヘンなアプリの連携しちゃってます。主に診断系とか。

それを見直すことで意味わからんツイートしなくなったりしますので、今一度確認しておこうな。

Twitter 乗っ取り 対策 アプリ連携

Twitterにログインして、アイコン→「設定とプライバシー」とクリックします。

Twitter 乗っ取り 対策 アプリ連携

左にメニューがずらっと並ぶので、「アプリ連携」を選択。

Twitter 乗っ取り 対策 アプリ連携

連携してるアプリが並びます。なんでこんなにツイキャス多いのなんなのw

Twitter 乗っ取り 対策 アプリ連携

各アプリにどんなアクセス権があるのか記載されてるんですけど、ここにフォローするとか、ツイートするみたいなのがあったらそれはマジで要注意。自分の意思と関係なく誰かをフォローしたり何かしらツイートしたりする可能性があります。

やばそうなアプリがあったら、右にある「許可を取り消す」をクリックしてアプリ連携を解除しましょう。

とりあえずはこれでOK。



サードパーティのクライアントとか、なにかしらのキャンペーンとか、アプリ連携を求められることは多々あります。

反射的に連携するのではなく、どんな権限を許可するのかを確認するようにしておきましょうね。

もちろん、アプリ連携以外にもパスワードの使い回しをしないとか基本的なこともちゃんとしないとダメですよ。

関連記事

ブログをフォロー

コメントを残す