高コスパな8コアCPU『Ryzen 7 1700』で自作PC組んだら最高だった

AMD Ryzen 7

この記事は、今年のベストバイガジェット Advent Calendar 2017の21日目の記事です。

僕のベストバイは、初めての自作PCです。完全に被ってしまったけどこれはもう仕方ないw

CPUは8コア16スレッドのRyzen 7 1700

PCの頭脳ともいえるCPUはAMDのRyzen 7 1700を採用しました。8コア16スレッドで3.5万円以下とコスパよしなCPUです。

CPU、i7にするかRyzen 7にするか迷ったんですが、完全にコア数が多いという理由で選びました。

僕の主な用途は写真の現像なので、クロック数よりもコア数で攻めた方がいいのではないかというアドバイスいただいたので、言われた通りにした感じですね。

あと、Interl以外のCPUを使ったことがなかったというのも理由。雷禅ってなんかかっこよくないですか!?

ストレージはM.2 SSD一択

ストレージは脳死でM.2 SSDを選択。速さはパワー。安いのもいろいろありますが、安心を金で買った感じです。

容量に関しては、とりあえず512GBあればいけるだろうというのと、データが肥大化したらまぁその時に考えればいいやという感じです。

GPUは甘えでGTX 1050

グラボは予算の都合で完全に妥協です。先輩から安く譲ってもらったGTX1050。本来であれば1080とかで攻めたいんですけど、後からでも換装可能だし…みたいな気持ち、慢心ですね。

まぁ普通に4K出力できていますし現状不満はないです。1050とはいえノートPCなんかと比べれば全然違うので問題なしですね。

RAMは一旦16GB

RAMもまぁ妥協なんですが。グラボと一緒に譲ってもらったやつですね。

今まで16GB以上のRAMを積んだPCを使ったことがないので、盛ればもっと快適なんだろうなという風に思ってはいます。

同時に、16GBでもまぁ使えんこともないという感じもあります。めちゃめちゃいろんな作業を並列してれば流石にきついなぁという感じにはなりますが、あんまりそんなことはなかったりします。

てゆーかRAM高いねん。買い時を完全に逃したな~という気持ちで悔しい。

来年には32GBにしたいっすわ。

構成

構成は以下。友人に譲ってもらったパーツなんかもあるのでかなり割安になっております。

CPU AMD CPU Ryzen7 1700 ¥34,306
マザーボード ASUS STRIX B350-F GAMING ¥13,635
メモリ Crucial DDR4 8GB x2 CT2K8G4DFS8213 ¥15,000
GPU MSI GeForce GTX 1050 2GT LP
SSD Samsung SSD 512GB 960 PRO M.2 ¥41,122
ケース Thermaltake Level 10 GT ¥50,000
電源 玄人志向 ATX630W電源
OS Windows 10 Professional 64bit ¥11,000
合計 ¥165,063

ベンチマークとか

組みました。パーツをハメハメするだけでできるのすごい。

PCのことは全然わからんマンなのですが、とりあえずベンチマークスコアを載せます。

まぁ悪くはないという感じなのではないでしょうかね。

たまにやるFF14も普通に快適です。問題は最近ログインする時間が全然とれないことですね。

自作、してよかったとしか言えない

ブラウジング、Twitter、現像、ゲームとまぁ非常によく働いてくれています。組んでからは、よく今までノートPCで頑張ってきたな…という感じ。

毎日使うマシンなので、スペックをよくするに越したことはないですね(妥協もあるんだけど)。完全に快適 of 快適です。

来年はさらに効率を上げるべく、いろいろ盛っていこうと思いますね。

『モノ』カテゴリの人気記事