クールでスマートなマネークリップ『the RIDGE』が最高すぎて財布投げ捨てた

the RIDGE

前々から気になっていた『the RIDGE』というマネークリップをサンタさんからもらいました。

控えめに言って最高ですわこれ。

超コンパクトなマネークリップ『the RIDGE(ザ・リッジ)』

the RIDGE

化粧箱の時点でオシャ。

the RIDGE

開封。the RIDGE本体とトルクスドライバーが入ってます。

the RIDGE

サンタさんがくれたのはthe RIDGEのチタニウムモデル。カラーはガンメタルです。クッソ渋くてかっこよくないですか??

側の素材は、チタンの他にアルミニウム、カーボン、ポリカーボネートがあります。チタンとカーボンがめっちゃかっこいいです。

the RIDGE

裏側にマネークリップがあります。マネークリップではなく、マネーバンドのタイプもあるのでお好きな方を選びましょう。

マネークリップの方が金属のみで高級感はあるなって感じますが、利便性はマネーバンドの方が上そうです。

the RIDGE

サイズはこんな感じ。クレジットカードとかとほとんど同じサイズです。

半円状の切り欠きの部分からカードを押し出すような感じでカードを取り出します。

the RIDGE

いつも使ってるカードたちを入れてみました。結構ゴムバンドが強いんですが、コツを掴めば簡単に収納できます。

カードは最大15枚収納可能。薄い財布的なやつ、薄さにステータス全振りしてるからカードは全然入らないのですよね。僕は、クレカ、キャッシュカード、LINE Payカード、免許証、保険証、診察券、Hubのポイントカードとそこまで持ち歩くカードは多くない(と思っている)のですが、これですらギリだったりします。

the RIDGEはマネークリップというよりカードケースにマネークリップつけたみたいな感じなので、カードの収納力がめちゃんこいい。

the RIDGE

そうそう、最初から2枚のカードが入ってるんですが、これは他のカードとthe RIDGE本体がスレて傷つかないようにしてくれるやつのようです。なのでぶっちゃけなくてもいいんですが、僕はそのまま使わせていただいている。

ちなみに、遠隔スキミング対策として非接触型カード防犯機能が備わっていて、金属プレートが壁となって磁気カードの情報が抜き出されることを防いでくれます。

幸い僕はこの手の犯罪の被害にあったことはありませんが、財布をthe RIDGEに変えたことで未然に防げるというのもいいポイントだと思います。

the RIDGE

お札も挟んでみました。日本の紙幣だと、三つ折りくらいがジャストサイズです。四つ折りでもいいけどちょっと暑くなってしまうので、三つ折りを推奨したい。

僕はキャッシュレスを進めているので大量のお札を持つこともないため、かなりちょうどいい感じ。最大でも札は10枚くらいにしておいた方が良さそうな感じはします。

カードと札を持ち歩くことに特化しているので、余計なスペースがなくて気持ちがいいですね。

the RIDGE

全てを収めても非常にコンパクト。面積はクレカぐらいだし厚さも2cm弱。ジーンズの前ポケットにだって余裕で収まりますね。

ミニマリズムの息吹を感じる…

the RIDGE

付属のトルクスドライバーはメンテ用。バンドが緩んでしまった時は、別途バンドだけを購入し、交換すればまた同じように使えます。

劣化していくパーツがちゃんと交換できる仕様なのは素晴らしい。


the RIDGE

カードとほぼ同じサイズなので、面積で言えば財布としては一番小さいんじゃないですかね。これを超える小ささを実現するにはカードとおさらばするしかありません。もう数年は無理だと思います。

カードと札を最低限で持ち歩けるのはもちろん、見た目も渋くてぐうかっこいいです。これはもう最高という以外の言葉では形容できないですね。

別に普段は普通の財布使っていたっていいんです、ちょっとカッコつけるときなんかの選択肢にthe RIDGEはどうですか?こいつがポケットから出てきたらその日は勝ちですよ。

『財布』カテゴリの人気記事