超カンタン!RyzenマシンでBitZeny(ZNY)のCPUマイニングをやってみた

BitZeny ZNY マイニング Ryzen CPU

仮想通貨(暗号通貨)、やってますか?僕は去年の5月ぐらいに買ったリップル(XRP)がめっちゃ好調で嬉しいです。

で、先日Ryzenで自作PCを組んだので、せっかくだからCPUマイニングに手を出してみることにしました。GPU(グラフィックボード)を利用しないのでお手軽にマイニングできまっせ、というお話です。

オンラインウォレット「BitZeny Wallet」に登録する

まず最初に、採掘したBitZenyを受け取るためのオンラインウォレットを登録します。

直接取引所に送付する方法もありますが、僕が登録している取引所ではBitZenyをまだ取り扱ってないのでとりあえずって感じ。

BitZeny ZNY マイニング Ryzen CPU

BitZeny Walletにアクセスし、新規登録をクリック。

BitZeny ZNY マイニング Ryzen CPU

ユーザー名などなどを入力。パスワードは推測されにくいものを入力しましょうね。僕はパスワード管理ツールを使っているので、それでパスワードを生成しました。

BitZeny ZNY マイニング Ryzen CPU

新規登録が完了するとニーモニックフレーズ(BIP39)が表示されます。ここに表示されているのを脳死で保管しましょう。ログインパスワードを忘れてしまったときにニーモニックフレーズがわからないとウォレット内のコインを紛失してしまうのでまじでちゃんとやっておきましょう。

BitZeny ZNY マイニング Ryzen CPU

先ほど入力したメールアドレス宛にメールが届いているので、そこに書いてあるURLをクリックしてメールアドレスの認証を完了させれば登録は完了です。

ログインするとウォレット内にBitZenyの受信アドレスが書いてあるので、それをメモっておきましょう。

採掘したBitZenyはここに送られるようになります。

マイニングプールの登録

続いてマイニングプールの登録。

今回はプールマイニングという方法を使うんですが、プールマイニングっていうのは1人だと効率の悪いマイニングを複数人でやっちゃおうぜ、というやつです。みんなのCPUパワーを集めてマイニングするイメージです。

マイニングプールはいくつかあるのですが、今回はいろんなサイトで紹介されているLA BitZeny Poolを利用。

BitZeny ZNY マイニング Ryzen CPU

ページへ飛ぶと登録画面になるので、必要情報を入力していきましょう。

Coin Adressというところには、先ほど登録したBitZeny Walletの受信アドレスを入れます。

入力完了したら、Registerをクリック。

登録完了のメールがくるので、そこに記載されているURLにアクセスすればアカウントの登録は完了です。

ワーカー登録

実際にマイニングに使うパソコンを紐づけるワーカー登録をします。

BitZeny ZNY マイニング Ryzen CPU

LA BitZeny Poolにログインし、左メニューのMy Account→ワーカーの編集(My Workers)とクリック。

BitZeny ZNY マイニング Ryzen CPU

Add New Workerというところに、Worker NameとWorker Passwordの入力欄に任意の文字列を入力します。デフォルトでuserとpasswordが入力されていますが、そのままでもOKです。

入力したらAdd New Workerをクリック。

BitZeny ZNY マイニング Ryzen CPU

すると、右のWorker Configrationにユーザー名.Worker NameとPasswordがいると思います。

これでワーカー登録が完了!

BitZenyの自動払い出し設定

マイニングプールに一定額が溜まったらBitZeny Walletに自動的に送金する設定を行います。手動で送金するよって人はこの手順はスルーでOK。

BitZeny ZNY マイニング Ryzen CPU

LA BitZeny Poolにログインし、左メニューのMy Account→アカウントの編集(Edit Account)とクリック。

BitZeny ZNY マイニング Ryzen CPU

Payment AddressにBitZeny Walletの受け取りアドレスを、Automatic Payment Thresholdにこの額になったら送金するよっていうZNY数を入力します。

送金には0.1ZNYかかるので、ある程度大きい額にしておいた方が良さそうです。僕は100ZNYにしました。

マイニングソフトのダウンロードと設定

ウォレットとプールの登録が完了したら、マイニングに使うソフトをダウンロードして設定します。

BitZeny ZNY マイニング Ryzen CPU

BitZenyに飛んで下にスクロールすると上の画面があります。

Download WalletとDownload Minerがありますが、右のDownload Minerの中から自分の環境に合うものをダウンロードします。僕は通常版をダウンロードしました。

Intel Corei系ならSSE 4.1に対応してるみたいですが、僕はRyzenなので通常版一択です。その辺の違いは関係なかったのであんまり調べてないです()

Zipファイルがダウンロードされるので解凍しましょう。

BitZeny ZNY マイニング Ryzen CPU

なんかいろいろファイルが並んでますね。

各種アンチウイルスソフトを使っている場合、プログラムが危険と判断されてマイニングができないことがあるので、この辺のファイルの除外設定を行ってください。

除外設定が完了したら、マイニングを開始するバッチファイルを作成します。

解凍したフォルダ内で右クリックし、新規作成→テキストファイルで適当な.txtファイルを作ってください。

txtフィアルを開き、以下の記述をします。

minerd -a yescrypt -o stratum+tcp://jp.lapool.me:3014 -u ユーザー名.ワーカーネーム -p パスワード

ユーザー名にはLA BitZeny Poolのユーザ名を、ワーカーネームは登録したワーカーの名前(デフォルトならuser)、パスワードはワーカーパスワード(デフォルトならpassword)が入ります。

BitZeny ZNY マイニング Ryzen CPU

なお、採掘難易度(Difficulty)に応じてme:XXXXの部分の数字が変わります。

最初は難易度0.1(3014)にしといていいかなと。強いCPUを使ってれば1(3114)でもいけるんじゃないですかね。

ファイルを保存したら、ファイル名を.txtから.batに変更すれば完了。

マイニングをしてみる

先ほど作成した.batファイルをダブルクリックすればマイニングがスタートします。

BitZeny ZNY マイニング Ryzen CPU

(yay!!)ってでてればOK。マイニングか開始されない場合は、.batファイルの設定が間違えてることが多いので、見直してみましょう。

BitZeny ZNY マイニング Ryzen CPU

LA BitZeny Poolのダッシュボードをみてみるとこんな感じになってます。

My Hashrateが0.00KH/sじゃなければマイニングできてます。おめでとうございます。

BitZeny ZNY マイニング Ryzen CPU

しばらくマイニングしてるとしたのアカウント情報(Account Infomation)にマイニングした数値が表示されます。

Confirmedが実際にブロックチェーンに記録された量で、Unconfirmedが採掘されたけどまだブロックチェーンに登録されてない量になります。

自動払い出し設定をしている場合は、Confirmedに書かれている量が設定値になったらウォレットに送金されるという感じ。

CPUマイニング、思ってたより簡単ですね。

実際どれくらい掘れるのか

10時間ほどマイニングさせて、どれくらい掘れたか確認してみました。

PCの構成は

って感じです。

BitZeny ZNY マイニング Ryzen CPU

4.4ZNYくらい。だいたい1ZNYが20円くらいとすると、90円弱ですね。まだまだ少額ですが、ほっといてもガンガンマイニングしてくれますし、BitZenyが上がればその分だけ円換算したら大きくなります。やったぜ。

BitZeny ZNY マイニング Ryzen CPU

ちなみにマイニング中はCPU使用率が100%になるので、平日昼間とか夜中とかPCを使わないときに掘ってもらっている感じです。


どうです?思ったより簡単そうですよね。実際簡単なんですけど。

1ZNY5000兆円になってくれ〜!

あ、取引所はCoinCheckとbitFlyerを使っています。


ビットコイン取引所「coincheck」を見てみる

bitFlyerを見てみる

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

『暗号通貨』カテゴリの人気記事