Twitterのパスワードを変更する方法

ツイッターのパスワードを変更する方法

Twitterが、パスワードを暗号化しないまま内部ログに出力、保存するバグがあったことを発表しました。

パスワードの不正利用や外部流出は確認していないとうことですが、全てのユーザーにパスワードの変更を呼びかけています。

というわけで、Twitterのパスワードを変更する手順を解説。

PCでTwitterのパスワードを変更する

Mac、Windows PCでTwitterのパスワードを変更する手順です。

Twitterにログインしたら、画面右上のプロフィールアイコンをクリックし、「設定とプライバシー」を選択します。

画面左のメニューから「パスワード」を選択。

現在のパスワード、新しいパスワード、新しいパスワードを再入力の項目を埋めて「変更を保存」をクリックすると、パスワードの変更が完了します。

iPhoneでTwitterのパスワードを変更する

iPhoneでTwitterのパスワードを変更する場合はTwitterの公式アプリから。

画面左上のプロフィールアイコンをタップし、「設定とプライバシー」を選択します。

「アカウント」→「パスワードを変更する」の順にタップ。

Current passwordに現在のパスワード、New passwordとConfirm passwordに新しいパスワードを入力し、画面右上の「完了」をタップすればパスワードの変更が完了します。

AndroidでTwitterのパスワードを変更する

Androidでパスワードを変更する際も、Twitterアプリから行います。

画面左上のプロフィールアイコンをタップし、「設定とプライバシー」を選択。

「アカウント」→「パスワードを変更する」の順にタップ。

Current passwordに現在のパスワード、New passwordとConfirm passwordに新しいパスワードを入力し、画面右上の「完了」をタップすると、パスワードの変更が完了。

パスワードは推測されないものを使う

パスワードを変更したのはいいけど、すぐに推測されるようにしては意味がありません。推測されにくい強固なパスワードを使いまわさないようにしましょう。

しかし、複数のサービスでランダムな英数字の羅列をパスワードにすると、忘れてしまうリスクがあります。そういう時は、パスワード管理アプリを使うと便利です。マスターパスワードさえ忘れなければ、そもそもパスワードを覚えておく必要すらなくなります。

「1Password」や「LastPass」あたりが有名どころですね。僕は「LastPass」を使っています。

また、2段階認証を有効にすることも推奨されているので、まだ設定していない人は以下の記事を参考に2段階認証を有効にしておきましょう。

自分の安全は自分でしっかり守っていこうな!

Keeping your account secure

『Web』カテゴリの人気記事