ソーホースブラケットと2×4材で作業台をDIY

ソーホースブラケットと2×4材で作業台をDIYした

最近DIY流行ってますよね。

僕も興味ありまして、サクッとできそうなのないかな~と調べていたら初心者でもわりかしカンタンにできそうなやつを発見したので作ってみました。DIY童貞卒業です。

ソーホースブラケットと2×4材で作る作業台

DIY界隈では非常にポピュラーな2×4材と、ソーホースブラケットなるものでカンタンに作業台が作れるみたいです。ホントか?

まぁ構造もシンプルなので僕のような初心者でも苦労せず作れるとのことなのでチャレンジしてみました。

材料

ソーホースブラケットと2×4材とベニヤ板で作ったよ

というわけで揃えました。

ソーホースブラケット

ソーホースブラケット

今回のメイン。2×4材を差し込んでビスで留めるだけで脚が作れるやつらしいです。ググるとめっちゃ作例が出てくる。

ソーホースブラケットは1セットに2個入ってます

1セットに2つ入ってて、こいつを2セット買いました。

2×4材

みなさんご存知の2×4材です。

脚に使う用を8本、ソーホースブラケットで挟む用のやつを2本用意します。僕は750mmを8本と、450mmを2本用意しました。ホームセンターでカットしてくれるのでラクショーっす。

天板になる板

作業”台”なので天板が必要ですね。今回は900mm×450mmのベニヤ板を購入。かなり薄いものを買いましたが、撮影用に使うつもりでそこまで重いものは乗せないから大丈夫かな~という感じで。

用途によっては多少厚みのあるものを選んだほうがいいかもしれません。

ビス

ソーホースブラケットと2×4材を留めるのに使います。僕は太さ38mm長さ41mmのものを用意したんですけど、ソーホースブラケットのネジ穴ギリギリだったのでもうちょっと細いヤツのほうがいいかもです。

必要な道具

電動ドライバー

穴の空いてない木材にビスを打ち込むので手では無理なのでは?

僕は99%DIYの記事等を参考にRYOBIのインパクトドライバーを買いましたが、まぁ持ってるやつ使えばいいと思います。

ヤスリ

サンディング必要?とおも思ったけど一応あったほうがいいのかな、的な。

僕は金で解決するタイプなのでブラックアンドデッカーのマウスサンダを買いました。作業時間がめっちゃ短縮されたので神。

作業時間1時間くらいで作業台をDIY

もうね、驚くほどカンタンですよ。

ソーホースブラケットを用意

ソーホースブラケットを用意して

2×4材をソーホースブラケットに差し込む

2×4材を2本ソーホースブラケットに差し込んだ状態

ソーホースブラケットに2×4材を差し込むでしょ。

ソーホースブラケットと2×4材をビスで固定

ビスで留めるでしょ(写真はめっちゃ斜めってるけどまっすぐね)

ソーホースブラケットと2×4材で脚が完成

それを2セット分やると脚ができます。

2×4材をソーホースブラケットで挟む

で、脚2セットで短い方の2×4材を挟みます。ここもビス留めしてもいいんだけど、僕はばらせるように挟むだけにしました。ちょっと不安定だけど用途的には問題なし。

作業台が完成!

挟んだ方の2×4材はばらせるように固定しませんでした

で、脚を並べて上から天板を乗せるだけ。

これで作業台が完成しちゃう。3分クッキング並の早さでできます。もうDIYとか余裕っすわ。

かかったお金

今回かかった金額をざっくり計算すると、

  • ソーホースブラケット:2,500円
  • 2×4材 × 2:800円
  • 天板:700円
  • ビス:300円

材料費だけだと約4,300円です。2×4材とビスは全然余ったので4,000円以下くらい?インパクトドライバーとマウスサンダは他でも使うからカウントしないよ。

この金額で自分の欲しいサイズの作業台ができるならめっちゃいいわ。

DIY楽しい

ほんと、DIYをめっちゃやる人だったら30分もかからないんじゃね?というレベル。

それくらいカンタンだけど、自分で物を作るのってやっぱ楽しいですね~

99%DIY、まじで参考になるからみんな読んで。

99% DIY