DiskMaker Xを使ってmacOS MojaveのインストールディスクをUSBメモリに作成する方法

macOS MojaveのインストールディスクをUSBに作る手順を紹介します。

外部起動のディスクがあると便利な時があるので、僕は毎回作っています。

準備するもの

起動ディスクを作成するにあたり、以下のものを準備します

  • macOS Mojave Installer
  • 8GB以上のUSBメモリ
  • DiskMaker X

macOS Mojave Installer

これがないと始まりません。App Storeからダウンロードしましょう。

macOS Mojave
macOS Mojave
Developer: Apple
Price: Free

8GB以上のUSBメモリ

macOS Mojaveのインストールディスク作成には8GB以上のUSBメモリが必要です。

1,000円程度で買えます。

DiskMaker X

DiskMaker Xというアプリを使ってインストールディスクを作成します。

公式サイトからダウンロードできます。

DiskMaker X

macOS Mojaveのインストールディスクを作成する手順

必要なものを準備したら、macOS Mojaveのインストールディスクを作成していきます。

DiskMaker Xを起動

インストーラーが見つかったと教えてくれるので「このファイルを使用」をクリック

どのディスクにmacOS Mojaveのインストールディスクを作成するか聞かれるので、「An 8GB USB thumb drive」を選択。

インストールディスクを作成したいUSBメモリを選択し「このディスクを選択」をクリック。

インストールディスクを作成するとディスクのデータが消えますよ。というメッセージが出ます。

「内容を消去してディスクを作成」をクリックして進みます。

管理者権限が必要だよーって出るので「続行」をクリック。

パスワードを入力して「OK」をクリック。

ディスクの作成が始まりました。完了するまで待ちます。

macOS Mojaveのインストールディスクが完成しました。「終了」をクリック。

macOS Mojaveの起動ディスクを選択する

起動ディスクを選択するには、Macを再起動させてoptionを押しっぱなしにします。

Startup Managerが起動するので、作成したインストールディスクを選択してmacOS Mojaveをインストールしましょう。

参考:別の起動ディスクを選択する方法 – Apple サポート

USBメモリに作った起動ディスクを使ってmacOSをクリーンインストールする方法

作成したインストールディスク(起動ディスク)を使ってmacOSをクリーンインストールする方法は以下の記事で解説しています。

『Macの使い方』カテゴリの人気記事