iPhone XS用の耐衝撃ケースSpigen「ラギッド・アーマー」レビュー

iPhone XS ケース Spigen ラギッド・アーマー レビュー

iPhone XS用の耐衝撃ケース「ラギッド・アーマー」をSpigenさんより提供いただいたので紹介します。

米軍MIL規格を取得しているというのも安心ポイントです。

Spigen「ラギッド・アーマー」

iPhone XS ラギッド・アーマー

Spigen「ラギッド・アーマー」はマットなTPUケースにカーボンファイバーテクスチャーをあしらったケース。

柔軟性・衝撃吸収性のあるTPUを採用することで、装着もしやすくiPhoneもしっかり守ってくれるわけですな。

iPhone XS ラギッド・アーマー 内側

彼、米軍MIL規格を取得していて、1.22mからの落下テストをクリアした耐衝撃ケースです。

ケースの内側には、クモの巣状の衝撃吸収加工が施されていて、効率よく衝撃を吸収してくれます。

また、コーナー部分の内側にはエアクッションが設けられていて、落下時の衝撃を抑えてくれるようになっています。

着けとけばまぁ安心できるよ、という感じですね。

ラギッド・アーマーをiPhone XSに装着

iPhone XS ラギッド・アーマー 前面

装着しました。ケース自体の厚さはそこまでないので、裸より気持ち大きくなったかな?程度です。

iPhone XS ラギッド・アーマー 前面

画面側は、ディスプレイよりもわずかに高さがあるため、ディスプレイが接地面に触れることがありません。このため、画面側から落ちても地面が平らなら画面が保護されます。

画面に貼っているガラスフィルムとも干渉しなくてよかった。

iPhone XS ラギッド・アーマー 背面

オールTPUではなくカーボンファイバーテクスチャーがあるのと、エンボス加工のSpigenロゴ、くり抜かれた部分から顔を見せるりんごマークがアクセントになっています。

りんごマーク部分がくり抜かれているデザインは好みが分かれますが、僕はあんまり気にならない派です。

iPhone XS ラギッド・アーマー 底部

底面のLightning端子周りは広めに切り取られていて、サードパーティのケーブルでも問題なく接続できるようになっています。

iPhone Xにも対応するため、スピーカー・マイク部分の切り抜きは左右対称になっています。iPhone XSはアンテナラインのためにマイク側だけ穴が少ないため、欲を言えばiPhone X用とiPhone XS用で分けてほしかったなと思います。

iPhone XS ラギッド・アーマー サイド

マナーモードスイッチ部分は開口していますが、ボリュームボタン部分は覆われています。操作性は良好です。

iPhone XS ラギッド・アーマー サイド

サイドボタンもボリュームボタン同様覆われています。

iPhone XS ラギッド・アーマー サイド

カメラ周りはアールのある八角形に切り抜かれています。よく見ると少しずれているかな?と思いますが、パッと見ではわからない程度なのでそこまで気になってはいません。

iPhone XS ラギッド・アーマー カメラ周り

カメラ部分の出っ張りもケースの厚みでカバーされるため、レンズが接地面に当たらないようになっています。

耐衝撃性は満足だけどちょっと気になるところも。

iPhone XS ラギッド・アーマ Appleロゴ部分

りんごマークの部分がくり抜かれているため、ここからホコリなどが侵入しやすくなってるのが気になるところ。iPhoneをキレイに使いたいというのであればこのくり抜きは不要かもしれません。

とはいえ、デザインや持ちやすさ、耐衝撃性(というか安心感)には満足しているので、りんごマークのくり抜きとかを気にしない人には結構オススメのケースです。

『モノ』カテゴリの人気記事