XperiFirmとFlashtoolを使ってftfを作成する方法

XperiFirm Flashtool ftf 作成 方法 手順 Xperia

ftfを作る時は、今まではPCC、SUSを使ってもととなるファイルを作る必要がありました(今はPCCのみ)。

しかし、もととなるファイルをダウンロードできる「XperiFirm」というツールが公開されて、カンタンにftfを作れるようになったので、その手順を解説します。

【追記】

最新版のFlashtoolは、XperiFirmが統合されてよりカンタンにftfを作成できるようになっています。

XperiFirmでftfのもととなるファイルをダウンロード

XperiFirmはxdaで配布されています。
[TOOL] XperiFirm ~ Xperia Firmware Downloader [v4.5.0] – XDA Forums

「Java Runtime Environment」が必要なのでそちらもダウンロードしてインストールしましょう。

ダウンロードしたzipファイルを解凍して、「XperiFirm.exe」を実行。

リストが表示されるので、端末、CDAを選び、ダウンロードしたいビルド番号(一番右)をダブルクリックします。

create-ftf-xperifirm-flashtool_01

「Download」をクリック。この際、「Unpack automatically」のチェックを外しておきましょう。

create-ftf-xperifirm-flashtool_02

ファイルを保存する場所を選んで「OK」をクリック。

create-ftf-xperifirm-flashtool_15

待ちます。

create-ftf-xperifirm-flashtool_03

「Downloaded successfully!」と出たら完了。確認ダイアログは「いいえ」でOK。

create-ftf-xperifirm-flashtool_04

このように、「FILE_XXXXXXXXX」ができているはずです。

create-ftf-xperifirm-flashtool_05

Flashtoolでftfを作成

Flashtoolを起動し、Tools > Bundles > FILESET Decryptを選択。

create-ftf-xperifirm-flashtool_06

Source Folderの「…」をクリックしてFILE_XXXXXXXXXがあるフォルダを選択。全てのファイルを選択して「->」をクリック。

create-ftf-xperifirm-flashtool_07

「Convert」をクリック。

create-ftf-xperifirm-flashtool_08

Decyptが進むと、以下の画面が表示されます。Deviceの右のボックスをダブルクリックして端末名を選択します。

create-ftf-xperifirm-flashtool_09

ずらっと出てくるので、ダブルクリックで選択していきます。

create-ftf-xperifirm-flashtool_10 create-ftf-xperifirm-flashtool_11

BrandingとVersionを入力したら、folder listにある全てのファイルを選んで「->」をクリック。

create-ftf-xperifirm-flashtool_12

Firmware contentにftfに含まれるものが表示されます。「Create」をクリックすると、ftfの作成が始まります。

create-ftf-xperifirm-flashtool_13

「Bundle creation finished」と表示されれば完了です。

create-ftf-xperifirm-flashtool_14

Flashtoolのfirmwareフォルダに作成したftfファイルがあるはずです。

create-ftf-xperifirm-flashtool_15


スゴく簡単に作れます。これなら持ってない端末や過去のビルドのftfも余裕ですね。

関連記事

ブログをフォロー

6件のフィードバック

  1. ping300 より:

    はじめまして
    v.4.8ではダウンロードする際に保存先が
    表示されずダウンロードが完了したあとに
    Xperia firmを閉じるとFlashtoolが自動でftf作ってくれるようになってましたよ

  2. より:

    はじめまして
    先日手に入れたsol24を弄っていたら半文鎮化してしまいPCcompanionで読み取れなくなってしまったのでこちらの記事を参考にさてていただいたのですが、ftfでsystemを焼こうとすると一瞬でfinishedになり焼けません。エラーもでていません。手順通りにftfを作成してドライバもしっかり導入したのですが何故でしょうか… 他の方のブログを拝見してもあまり見ない例なので四苦八苦しています。よろしければ何かご教授お願いします。

  3. のののめ より:

    Z3にて作業をしているのですがZ3のCDAをDL後のファイルにFILE_XXXXXXXXXといった形のファイルがなく、16のファイルとbootフォルダ、bootフォルダ内に38のファイルとなっています。FILESET Decryptの工程で選択できるファイルがでてきません。Z3CのCDAもDLしてみましたが似たような構成です。この対処をご存知でしたらお教えくださいませ。

    • でこい でこい より:

      “「Download」をクリック。”の手順の際、「Unpack automatically」のチェックを外してダウンロードしてみてください。
      XperiFirmのアップデートで仕様が変わったようです。
      ご指摘ありがとうございます。

  4. 小豆島 より:

    お世話になっております。
    同機種でRoot化を目標に作業している者です。
    疑問があるので良かったら質問させてください。
    CDAの選択部分でUKを選択しているのは何故でしょうか。
    リンク先の記事のFlashToolだけでftfを作成する方法を使用する場合でも、
    BrandingはCustomizedUKでよいのでしょうか。
    ファイル名が必要という理由で、任意のもので良いのか、
    中身に影響があるものかどうか気になっております。
    よろしくお願いいたします。

    • でこい でこい より:

      一番不要なアプリがなさそうなのを選んだだけで、それ以上の理由はありません。
      気にせずCustomized UKあたりで作って問題ないと思いますよ。
      ファイル名は変更もできますので。

コメントを残す