Tweet Markerで複数のTwitterクライアント間のタイムラインを同期すると鬼便利

Tweet Marker Twitter タイムライン 既読 同期

Twitter、いいですよね。

複数のデバイスを持っていてフォローしている人が多いと、タイムラインでどこまで読んだか分からなくなってしまいますが、「TweetMarker」というサービスを使うと、既読位置を同期できて超便利です。

Tweet Markerに対応しているクライアントがあればオッケー

Tweet Markerを使うためにアカウントをつくったりする必要はありません。対応しているクライアントを使っているだけでよいです。

TweetbotやYoruFukurou、Janetter、TweetingsにTalonなど、まあ結構対応しています。

Tweet Markerで既読を同期する

iOSとMacのTweetbot、AndroidのTalonで設定してみます。

Tweetbot for iOS

タイムラインでアイコンタップして歯車マークをタップ。

tweet marker tweetbot 1

「同期」をタップして「Tweet Marker」を選択。

tweet marker tweetbot 2

「既読位置マーク」をオンにしておくと、しおりみたいなマークがつきます。

tweet marker tweetbot 3

Tweetbot for Mac

Tweetbotの環境設定で、syncを「Tweet Marker」にするだけ。

tweet marker tweetbot mac

Talon

Talon設定 > 高度な設定 > TweetMarkerを有効化 とタップ。

tweet marker taron 1

「自動TweetMarker」にチェックを入れればOK。

tweet marker taron 2


対応しているクライアントを使う必要こそありますが、これで使っている端末で既読位置を同期できるのでTwitterライフが捗ります。やったね!

Tweet Marker

関連記事

ブログをフォロー

コメントを残す