11インチiPad Proが発売されたけど10.5インチiPad Proを買いました

10.5インチ iPad Pro レビュー

新しいiPad Proが話題ですが、僕は9.7インチiPad Proから10.5インチiPad Proに買い替えました。

今年に入って3枚目のiPadです。どうしてこうなった。

10.5インチ iPad Pro

10.5インチ iPad Pro 背面

購入したのは10.5インチiPad Pro Wi-Fi + Cellularモデル。色はスペースグレイ、容量は64GBです。

9.7インチiPad Proは128GBを使っていましたが、実際に使用していたのは20GB弱だったので64GBもあれば足りるかなと。

Wi-Fi + Cellularモデルにしたのは「Wi-Fi + Cellular版のiPad Pro買ったら幸せになった」でも書いているとおり、大容量バッテリーのWi-Fiルーター的な使い方もしたいなぁと思っているからです。

10.5インチ iPad Pro 正面

ホームボタンがあるので、上下のベゼルは太め。まぁ全然気にならないんですけど。

10.5インチ iPad Pro 下部

10.5インチ iPad Pro 上部

9.7インチiPad Pro同様、ステレオスピーカーになってます。動画視聴用でもあるのでこれは大事。

10.5インチ iPad Pro サイド

Smart Keyboardの接点。

10.5インチ iPad Pro サイド

ボリュームボタンとSIMトレイ。

10.5インチ iPad Pro アンテナライン

iPad ProのWi-Fi + Cellularモデルは本体上部にアンテナラインがあります。

昔のiPadはこの部分が樹脂パーツになっていて控えめに言ってダサかったんですが、ラインぐらいならまぁそこまで気になりません。

どうせカバー着けるし(カバー着けたら樹脂パーツでも気にならないけど)

10.5インチ iPad Pro カメラ部分

カメラ。9.7インチiPad Proよりちょっと大きくなりました。

10.5インチ iPad Pro SIMトレイ

SIMトレイは結構下側に付いています。

10.5インチ iPad Pro ホームボタン

ホームボタン。iPhoneはiPhone 7からセンサー式のホームボタンになったのに、iPadは結局ずっと物理ボタンのままでしたね。なんで?

9.7インチから10.5インチに変えて感じたこと

9.7インチiPad Proから10.5インチiPad Proに変えて感じたことをつらつらと。

なお、僕のiPad Proの使用用途は

  • ブラウジング、Twitter
  • Netflixなどで動画を見る
  • Kindleでマンガを読む
  • dマガジンで雑誌を読む
  • メモアプリで手書き入力(たまに)

という感じ。Lightroomで写真を現像することもないことはないですが、Lightroomの使い勝手を確認するためとかそういう感じであって、実際に使う写真を現像して書き出すことはほぼゼロです。

僕の使い方だと、画面が大きくなったなぁ、ちょっと重くなったかな?くらいしか感じることがありませんでした。

まぁゴリゴリ作業をしているわけじゃなく、もとそんなに要求スペックは高くないのでそんなもんです。

ディスプレイのリフレッシュレートが60Hz→120Hzになったので、画面をスクロールしてるときに「おぉ」と思うこともありますけど、すごい!すごい!みたいにはならなかったですね。

あ、でもApple Pencilでメモアプリに手書き入力している時は9.7インチiPad Proよりもぬるぬる書けてる気がします

9.7インチiPad Proと比較してCPU性能が30%、GPU性能が40%高速化されているので、写真の現像みたいな重い作業をガシガシやる場合には結構差を感じるんじゃないかなと思います。

逆に、僕のようにコンテンツを消費するデバイスとして使うのであれば9.7インチから10.5インチへの買い替えはあんまり意味がないんじゃないかなぁと。

でもまぁスペックは向上しているわけなので、無意識レベルだとしても9.7インチiPad Proより快適になっているはずですし、それで問題ないんです。

11インチiPad Proが出たのに10.5インチを買った理由

11月7日に11インチ、12.9インチの新しいiPad Proが発売されました。ホームボタンがなくなって狭縁ベゼルになるなどかなりモデルチェンジしています。

でも10.5インチを選んだのは、前述のとおりiPad Proをコンテンツ消費デバイスとして使っているからです。

iPad Proだけでいろいろやるぞ!というのであれば迷いなく11インチを買っていたと思うんですけどね。

iOSの搭載されたiPad ProはmacOSの搭載されているMacBookとは根本的に違うわけです。

確かに色んなアプリとかショートカットとかを使いこなせばMacBook同等の事ができるかもしれませんが、MacBookではあれこれ頑張らなくてもそれができますからね。あくまでもiPad ProはiPadであってMacBookの代わりになるものじゃないなぁというのが現時点での僕の考え。まぁ金が余ってるなら買いますけど。

コンテンツ消費するためなのであれば9.7インチのままでもよかったのでは?と思いますよね、分かります。

それについては、みんなが新しいiPad Pro買ってるから自分もなんかiPad Pro買いたくなったというアレですw


いろいろと書きましたが、普通に満足していますし、後悔もありません。11インチiPad Proを買った人たちのツイートを見ても今の所ダメージはありません。つまり、オールオッケーです。

とはいえ、せっかくスペックも上がったことだし、もう少し写真の現像みたいな重めの作業もやってみようかな、という気にはなったかもしれないですね。キーボードも買ってブログ執筆してみるのも面白そうです。iPad Proだけを持ち運ぶことでもなきゃMacBook Pro使うと思いますが。

ドコモオンラインショップで購入する

Wi-FiモデルよりもWi-Fi + Cellularモデルがいいぞ。というお話。

古くなったiPad Proを手放す前にやっておくこと

『iPad』カテゴリの人気記事