旅先でも快適な無線LAN環境を!AirMac Express

無線LANがないなんて考えLANない。

どうも、でこいです。

旅行に行くと問題になるのが「ネット環境」。GALAXY Noteでテザリングとかでも問題はないのですが、田舎だと回線速度が遅かったり、圏外だったり貧弱!貧弱ゥ!って感じであまり頼る訳にはいきません。

ホテルには有線LANしかないのでPCしかつなげないし…いかんせんガジェット達が多いので困ってました。

そんな問題を解決するためにAirMac Expressを購入いたしました!

AirMac Express

実際のサイズはこんな感じ。

差し込み口は3つ。

こいつで出来ることは3つ

  • 持ち運びに便利な無線LANルータになる
  • スピーカーにつないでiTunesにある音楽をワイヤレスで再生
  • プリンターにつないでワイヤレスでプリント

あのサイズでこれだけのことが出来ちゃうんです。

AirMac Expressを使ってみた

先日出張に行った際にどんなもんか試してみました。

AirMac ExpressとホテルのLANポートをつなぎます。

ちょっと待つとランプがグリーンに光ります。(写真分かりづらい…)

設定>Wi-FiでAirMac Expressのネットワークを選択するだけ。

コレだけで無線LAN環境が構築できました!

なによりもこの気軽に持ち運べるサイズが素晴らしいです。

AirMac Expressのおかげでホテルで過ごす時間が劇的に進化しました。
新品で1万円弱程ですが、オークションであればその半分ぐらいの値段で手に入るみたいです。

MacBook Pro Retinaの発表の陰でこっそり新しくなっていたAirMac Expressですが、僕は1世代前のを手に入れました。

新AirMac Expressは形が変わり機能も進化しています。

詳細はここを見てもらえると分かるのですが、同時接続数が10台から50台に増え、同時デュアルバンドの802.11n Wi-Fiに対応、またLAN専用ポートが追加されています。
この形状の変化によりコンセントに直接させなくなっています。
ケーブルが増えるのが煩わしいという理由でこちらを選びました。

新旧どちらにしても、小さなサイズで素晴らしい機能を持った「小さな巨人」なのでありますありやす。

『Mac』カテゴリの人気記事